TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ルアー作りから見えてきたシーバスの生態

2018年 6月 19日 13時頃

シーバスフィッシングには、ご存知の通り、多くの定説がありました。しかし、それらは最近どうも怪しくなってきているようです。
①「ダウンクロスキャストでなければ食わない」
②「ベイトに似ていないルアーは釣れない」
③「ストレートリトリーブはスレ難い」

これらは定説として知られている事ですが、それは時々的外れになるケースも見受けられます。例えば「シーバスは夜しか釣れない」という定説が崩れたのは記憶に新しい事です。「昼に釣れない」は、夜やっていた釣り方は、明るい時間には通用しないというのが正解で、昼狙うべきポイントに適合したルアーを投げ込めば、チャンスは大いにあるというのが昨今の新しい定説になっております。

自作ルアーのフィールドテストをしていると、新たな発見をすることが多々あります。例えば、前述のダウンクロスキャスト。斜め下流に向かって投げとけば間違いないという定説。あれなんかも、実は夜中心の話で、昼間は逆転したりもします。わずかな水流でも泳ぐルアーにしようと、試作ルアーをアップクロスキャストで立ち位置より上流に投げてルアーの動きを見ていると、意外と普通に釣れるという事が段々分かってきました。市販シーバスルアーってのは、飛距離重視だから、いかんせん泳ぎは弱め。そんなルアーを上流に投げ、ウォブリングするスピードで巻こうと思ったら、かなりの早巻になって釣れる速さではなくなってしまいます。

デイゲームでササ濁り、前日にまとまった雨なんかが降った後なら、良く動くルアーをアップクロスに投げた方が反応良かったりします。きっと、シーバスも流下してくる獲物を目視で捉えて捕食しているのでしょう。夜、ルアーの振動を側線で感知して追う時とは、真逆ともいえる行動をとる所が興味深いですね。

考えてみると、「ベイトに似ていなきゃ食わない」と、「飛距離が出なければ釣れない」という定説も、かなりの矛盾をはらんでいます。飛ぶルアーっていうのは、当然重量があって比重はかなり高め。水とほとんど変わらない比重のベイトフィッシュとは、明らかに水に流される速さや、魚が吸い込もうとした時の抵抗感が違います。よく言われるマッチ・ザ・ベイトは、シルエットやカラーを似せたに過ぎないので、意外と見当違いな選択をしてしまっているかもしれません。

そう考えてみると、今まであまり顧みられなかったスローシンキングやサスペンドのルアー、比重がベイトに近いこれらのルアーを、サイズや色を無視して使ったとしても、現状にマッチする可能性だってあります。ボラの稚魚を食ってるシーバスを狙うからと言って、必ずしも3㎝のルアーが必要という訳ではないじゃないですか。

魚の物の見方が分かってくると、「スレる」と一言で言われる現象にも,色々バリエーションがあるように思えてきます。一時期、私もナチュラルカラー信奉者で、作るルアー作るルアーすべて地味な色ばっかりだったんですが、ある時、色の調合を間違えて変な白っぽいブルーギルカラーが出来てしまったことがありまして。「あ、こりゃ、失敗作だな」と、食い渋りでお手上げになった時にだけ出す捨て駒みたいな扱いをしたら、奇妙に釣れた事があります。

そのルアーは、まあ、バス用だったんですが、昔は食い渋りになったら小さく地味なルアーを使うものと考えられていたから、白っぽいルアーは、逆にスレていなかったのかもしれません。アメリカのバスプロの話をテレビで見ていた時、「ターンオーバーなど、極端な食い渋りの時には、リアクションバイト狙いで、大きく目立つルアーを使え」という話が出ていたので、それにハマったのかもしれません。バスの話だから、どこまでシーバスに応用できるか分かりませんが、スレる要素しかない様な釣り方でシーバスが釣れる事も、しばしばあります。

そう考えてみると、ルアーのアクション、あれも考えモンで、「動きが穏やかなルアーをタダ巻きして食わせる」っていうのも、もしかしたらシーバスが水面を漂うゴカイなんかを食べている時に有効な数ある中の1パターンであるのかもしれません。「まっすぐ、ゆっくり」っていうのは、夜のベタ凪だから最良なだけであって、強風で波立つ日中にバスルアーを改造したようなブリブリ尻を振るルアーを、浅瀬に投げてトゥイッチングして釣ったって、釣れればそれでいいんだと思います。タダ巻きと比べて、スレ進行の度合いがどれだけ強いのかは分かりませんが、毎日のように誰かが来て、タダ巻きがストロングパターンだからと、みんながみんな同じことをやれば、数日でタダ巻きには反応が無くなってしまう事でしょう。

今流行りの、ストロングパターンに使うようなルアー。ちょっと前のシーバスだったら、鉄板系のバイブレーションだったり、ヤマメ狙いだったら、ヘビーシンキングミノーだったりするんです。「試作してみようかなー」と、思うんですが、「しようかなー」と思っているうちに、大体そのパターンには釣り場の魚がスレてしまうんで、未だにどちらにも手を伸ばしてはおりません。「木でできた普通のミノー」がストロングパターンになったら、やってみようと思いますが、それは当分先の事のようです。

HN/妖怪熊河童・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード