TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ROCK FISH GAME

2018年 1月 1日 0時頃

6月7日、小潮。皆さんこんにちは。今回は約1ヶ月ぶりの釣行で、友人と前回のリベンジということで深島へ行きました。

狙いはアカハタ。今回も渡し船は「三幸丸」さん。狙いのポイントに入ることができたので、釣りの準備しながら、まずはどん兵衛で腹ごしらえ(笑)。今回の場所は流れがかなり速いため、直リグでチャレンジします。シンカー45gという普段絶対使わない重さを使用しました。去年の夏に来て以来の場所だったので、まずはどこに瀬があったかチェックするも、ものの数投で2〜3個根掛かりでルアーをロスト。「やっぱり荒いなぁ」と感じながら、再度同じ場所へキャストします。めげずにボトムをコツコツと叩いていくと、「ドン!」と、急にひったくってきました! すかさずフッキングしてゴリ巻き。足元までにデカい瀬が2つあるため、早く浮かせないといけません。が、1つ目の瀬にすぐ潜られます。3分くらい待って何とか出てきたので、再びゴリ巻き!が、見事に2つ目の瀬にも潜られます(笑)。この時点でもう無理かと思いましたが、なんと、これもすぐ出てきました! そうして上がって来たのは、狙い通りのアカハタ! 本当に強烈な引きでした! 計測してみると、自己ベストの42㎝! 思い出に残る1匹になりました。

その後も1キャスト1バイトとかなり反応は良いのですが、カサゴと小さめのアカハタばかりが続きます。獲りきれない魚も結構いたので、やっぱり相当荒くて釣り難い感じでした。ここで場を休ませようと思い、別の場所にキャストしてみます。そこはボトムに何も無いと感じながらも、リフト&フォールで探っていくと、一発でアカハタと分かるアタリ! そこは瀬が無いのでかなり楽にヤリトリできました(笑)。強烈な引きを味わいながら上がって来たのは、38㎝のアカハタでした。実はこのサイズでも、42㎝が釣れる前の自己ベストという良型でした。今日はなんて素晴らしい日なんだと友達とハイタッチ(笑)。

その後は潮が変わった途端に全くアタリが無くなったので、納竿としました。久しぶりの釣行は、かなり楽しい一日となりました。やっぱりロックフィッシュは面白いです。

HN/ういち

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード