TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

梅雨グロの楽しみ方

2018年 6月 18日 11時頃

6月18日、中潮。以前より親交はあるものの、なかなかプライベートで一緒に竿出しすることがなかった木村さんと、ようやく予定が合いました。そこで、上向いて来ている梅雨グロを狙いに、県南の波止で待ち合わせ! 非常に楽しみだったので、ワクワクしながら現地へ車を走らせました。

午後10時半過ぎに、現地に到着。すでに、木村さんと中川さんは竿出し中です。状況を伺うと、「コッパグロもいますが、時折良型グロのアタリもありますよ」とまずまず。この時期のコッパグロは居て当然! この中からいかに良型を引っ張り出すかが面白い時期なので、そう来なくては! といった気持ちの方が勝り、ウズウズしてしまいます。早速、仕掛けを作って釣り開始です。木村さんの様子を見ていると、マキエを遠投し、そのど真ん中にツケエをちょっとだけタイミングをずらして仕掛けを投入。マキエとツケエに時差を付けることで、コッパグロを避わし、良型グロにツケエを届けるといったことをベースに狙っているようです。やはり梅雨グロ対策も抜群ですね!

そこで、私も釣り開始。木村さんが、指を差しながら「あそこの周辺でクロが湧いていると思いますよ」とアドバイスをいただく。湧いているとはいっても、コッパグロの大群なので、その周辺でエサを拾っているクロを狙えとアドバイスを受けたと解釈。遠投なので、マキエはまとまりのまま打ち込み、位置をズラシながら広範囲にマキエが効くようにします。それからマキエの帯より沖へ仕掛けを投入。着水後、仕掛けを引っ張ってマキエの帯の中にウキをいれますが、ツケエは入れないようにします。これがキモ! マキエの中にツケエを紛れ込ませると、この時期はどうしても型が狙えないことが多いので、若干ズラしてツケエを沈下させるのです。

この作戦が功を奏したのか、一発目から道糸をバチバチ弾くアタリ!無事取り込んだのは、40㎝級のナイスサイズ!「吉田さん、さすがですね!」と木村さんからもお褒めの言葉を頂きました。ありがとう!木村さんの釣りも惚れ惚れするほど綺麗な釣りです。マキエの投入、見事なキャスティング。本当に無駄のない動きに、さすがダイワ・グレ・マスターズ準優勝やWFG優勝など、これまで数々のタイトルを手にして来た実力は本物です。本日の釣りは、どちらかと言えば木村さんの方がツケエをゆっくり落とす釣り、私の方がツケエを速く落とす釣りとなり、対象的な狙い方の違いとなりました。どちらが正解かは分かりませんが、状況に応じて狙い方を変えることで、今まで釣れなかった魚を釣ることができると、改めて感じることが出来ました。一緒に同行した中川さんも、木村さんからアドバイスをもらいながら梅雨グロを楽しんでいました。良型グロを釣り上げた時には「クロ釣りって本当に戦略的で、面白いですね」と話していたのを聞き、こちらも嬉しくなりました!

さてさて、ぼつぼつと良型グロを釣って楽しんでいたのですが、私の釣りの虫が、またまたウズウズとし始め、試したくなった釣りが出てきました。それは、円錐ウキで狙うのではなく、水平ウキを使った梅雨グロ釣り。大分県ではあまり好まれない水平ウキですが、使い方次第で、面白い釣りができることもあります。今回はまさにそのような状況です。広範囲にマキエを打って、クロに競わせるように狙っていると、ドンドン良型が縦の動きをしながらより浅ダナまで食い上がってくることがあります。この日もそのような状況になりました。そこで、キザクラ「ケイズ・マグナス ST」の登場です! ハリの重量などを替えて、仕掛けの沈下速度を調整することが一番速いのですが、ウキを替えることで劇的に沈下速度を替えることができます。これはウキに対して水平にラインを入れているため、円錐ウキよりも仕掛けが斜めになり難いためです。また浅ダナのアタリも抜群に分かりやすくなり、これでさらに良型グロを追加することが出来ました!

今後、気温の上昇とともにますますエサ盗りが激しくなってきます。その時にどうやって良型とコッパグロを釣り分けるかが、梅雨グロ期の楽しみにの一つです。今回ご紹介した狙い方以外にも、様々な方法でコッパグロと良型を釣り分けることができると思いますので、ぜひこのシーズンに釣り方のパターンを増やしてみてはいかがでしょうか? ちょっとした工夫をするだけで、釣果が格段に変わってくると思いますよ。

STT 銘技会・クラブキザクラ大分/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード