TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ロックフィッシュにロックオン②

2018年 7月 5日 9時頃

皆さんこんにちは。前回に引き続きロックフィッシュゲームのご紹介です!私も今年から本格的に始めたロックフィッシュゲームですが、ハードロックフィッシュゲームと呼ばれるアカハタやキジハタ、オオモンハタやクエ、マハタ、アオハタなどのハタ類を本命に狙う釣りです。

前回の記事では、スピニングタックルだけを紹介しましたが、今回はベイトタックルを買ったので、これを持って知人と一緒に教えてもらったポイントへ向かいます。本当は自分でポイントを開拓したかったので、いろいろとランガンしていたのですが、自力ではどうしてもハタに出会うことができなかったので、知人が案内してくれるということになりました。

このポイントは、立ち位置から3m先ぐらいまで堤防の基礎があり、それより先は砂地になっています。しかし、砂地の中にも所々に根があります。外側は水深が少しありますが、湾内は浅いようです。リグは、テキサスリグを使います。テキサスリグとは、バレットシンカーという砲弾のような形のシンカーを通し、その先にオフセットフックというテキサスリグ専用のフックとワームをつけたリグのことです。水深があまりないようなので、シンカーは10g前後をセレクトします。ワームは甲殻類をイミテートしたクロー系ワームの3インチ、フックはダイワ「HRFごん太/1番」フックです。堤防の基礎のブレイクライン(カケアガリ)を狙って行きます。テキサスリグの狙い方ですが、誘い方は、基本的には1度ボトムをとって、リフト&フォールです。ブレイクラインを丁寧にリフト&フォールして行きます。

1投目は釣れず、ここから扇状に狙って行きます。しかしアタりません。何投もしていると、エサ釣りをしていた先行者の方が帰られるようなので、そこに行って投げることにしました。エサで魚が寄っているのではないかと思い、ボトムを丁寧にリフト&フォールしていきます。すると、コンッ、コツコツコツ、グッとアタリが出ました。しかし、アタリが出てもすぐにフッキングはしません。少し遅らせてからしっかりワームを食わせ、アワセを入れるのです。ガッチリとアワセが決まったところで、根に潜られないよう強引に巻きに入ります。しかし、根に潜られました。潜られた場合、ラインを張らず緩めずにして保ちます。時折、竿先で聞いてみて、出てきたと思ったらゴリ巻きして根から強引に剥がします。

3分くらい待ったでしょうか。竿先で聞いてみると、動き出したのでゴリ巻きします。そして上がって来たのは、27㎝のキジハタです。この釣りをして初めてキジハタを釣ったので、興奮状態が止まりません。ユーチューブなどの動画や画像では見たことはありましたが、実物を見るのは初めてで、もちろん釣ったのも初めてだったので、これには嬉しさ爆発でした。ちなみに釣り上げた後、写真を撮ろうとしていると口から何か吐き出しました。それが写真に載っているエビやカニなどの甲殻類です。ワームもクロー系(甲殻類をイミテートしたワーム)だったので、まさにマッチザベイトということになりました。そして、この日はまだ終わりません。

しばらくキャストをしても釣れなくなったので、次のポイントへ行きました。次のポイントも、漁港です。足元から3m先ぐらいまで敷石が入っています。敷石の切れ目、ブレイクのある付近を丁寧にリフト&フォールしていきます。すると、コツン、コツコツコツ、グッっとアタリが出ます。すぐにはアワセず、少し遅らせてワームが口の中に入ったであろうタイミングでフッキングします。これがハリ掛かりしました!根に潜られないよう注意して巻いてきます。釣れたのはマハタでした。マハタは、自分の実家のある大入島でも釣ったことはありましたが、島の時とは違った嬉しさがありました。そして、その後もキャストしていきましたが、アタリが無くなったし、知人も自分も帰らないといけなくなったので、今回はこれで帰宅することにしました。

さて、テキサスリグで重要なのは「確実に食わせてからフッキング」をすることです。テキサスリグのフックであるオフセットフックは、ワームにハリ先を入れて使用します。そうすることによって、根が荒いところや根掛かりしやすいポイントでも根掛かりし難くなるという利点があります。もちろん全く根掛かりしないかというと、そういうわけではありません。しかし、ジグヘッドなどよりは、確実に根掛かりし難くなります。アタリが出てもすぐフッキングせず、少し遅らせて待ってからフッキングと書きましたが、その理由として、ワームにハリ先が入っているためアタリがあってすぐにフッキングをしても、ワームの中にハリ先が入っているため、口に掛けるのが難しいからです。少し遅らせることで、魚がワームを丸呑みしたか? 口の中にワームが入ったか? のタイミングでフッキングをする事で、確実に掛けることができるというわけです。

そして、ハタの引きが忘れず、この日の数日後にも同じポイントへ出かけて、その日もマハタが釣れました。台風7号の来る前にも同様に行き、夕まずめ狙いでポイントへ入りました。時間的には満ちていて、いい感じに水深もあります。堤防の基礎を丁寧にテキサスリグで探っていくと、ガツンとアタリが出ました! 前のキジハタとアタリが似ています。セオリー通り少し遅らせてフッキングをすると、掛けることができました! ゴリ巻きして上がってきたのは、27㎝のキジハタでした! またもや釣れたキジハタ。とても嬉しい1匹となりました。

興奮していると、この日同行していた知人にもキジハタが掛かり、2人でダブルヒット! 写真を撮ってリリースし、再度キャストしていきます。すると、数投したところでまたアタリが出ます。少し遅らせてフッキング、上がってきたのは、またもやキジハタでした。この時使っていたシンカーは10g。ワームはダイワ「HRFリアルグラブ/3インチ」です。オフセットフックは、同じくダイワの「HRFごん太/1番」でした。写真のキジハタが咥えているのが「リアルグラブ」、カラーは、ゼブラクロキンです。

この日は、台風の影響で、曇っており、かつ夕まずめで光量が少なかったので黒いカラー、しかもワームの腹の部分には縦にグロー(夜行)のカラー付けされてるので、これがアピールに繋がってこの日の状況にピッタリだったのではないか? と思いました。今年から本格的に始めたハードロックフィッシュゲームですが、今回の釣行でどハマりしちゃいました。そのくらい楽しい釣りです。そしてハタ系は、高級魚ということもあり、食べても非常に美味しい魚です。引きも良いし言うことありません。皆さんも釣って楽しい、食べても美味しいハードロックフィッシュゲームを始めてみてはいかがでしょうか? 次回もお楽しみに。

戸河 光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード