TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分市内〜佐賀関方面へ梅雨アジ狙い②

2018年 1月 1日 0時頃

6月28日、大潮。最近は、雨の日が多いですね。梅雨真っ只中といった感じですね。今回は最盛期の梅雨アジを狙ってみたいと思います。まあ、この日は梅雨の切れ間なので雨は降ってないんですがね。それでは、張り切って釣行開始です。

①大分市内湾内ポイント…毎回、一番最初に訪れるマイポイントです。ここでの釣果で、次はどのポイントに行こうかと考えます。早速、準備してキャストしてみますが、キャスト→任意カウントダウン→ リトリーブで無反応。リフト&フォールの縦の釣りも無反応。色んなアクションをやってみたけど無反応。先月は、釣れた場所なのにな。一気に佐賀関まで移動です。

②佐賀関の潮が緩やかな湾内ポイント…海面は、ライズも無く静かです。キャスト→任意カウントダウン→リトリーブでプルッ。微かなバイトがありましたが、ヒットには至らなかったです。何度かキャストしてみますが、その後はバイトさえなくなったのでランガン。

③潮通しの良い湾内ポイント…先行者がサビキ釣りしていたのか、少しジャンボが釣り場に落ちています。もしかして、サビキで入れ食いで釣れてる? エサ釣り師が釣れてるかどうかも釣れるポイントの見極めですね。淡い期待を胸にキャストしてみますが、全くの無反応。もしかして、このまま何も釣れなくてボウズ…。一気に不安が高まってきます。ランガンします。

④シャローポイント…一番人気の潮通しの良い堤防の先端は、エサ釣り師が陣取っていました。そのエサ釣り師は、コンスタントにアジを釣り上げています。これは期待大です。私は、ちょっと離れたシャローポイントでキャストしてみます。キャスト→任意カウントダウン→リトリーブでプルッ。今回は、アワセが上手くいったみたいでヒットします。そして、釣れたのは小さなメバルでした。本命では無いですが、ようやく釣れたので嬉しいです。さあ、これからラッシュタイム突入か?再びキャストしてプルッっときて、上手くアワセて連続ヒットです。しかし、先ほどより巻きが軽いです。釣れたのは、金魚? 変な魚が釣れました。変な魚が釣れたので、ランガン。

⑤エギングポイント…エギングで超有名ポイントです。アジもそこそこ釣れるポイントなのでキャストし続けますが、無反応。そろそろ止めて違うポイントに移ろうかなと思ってリールを巻いているとプルッっと。まぁまぁな引きです。釣れたのは、20㎝弱の小アジでした。やっと本命が釣れた! と思ったのも束の間、その後はまたもや無反応が続いたのでランガン。

⑥秋アジで有名ポイント…無反応でランガン。

⑦鉄板ポイント…ここで釣れなきゃ、どこのポイントも釣れない。常連客でいつも賑わってるから、なかなか入れないポイントですが、本日は貸し切りです。もしかして、釣れないから誰も来てないのかな? 不安を感じながらキャストしてみます。キャストしてフォール中にバイト。しかし、絶対アワセても釣れないショートバイトです。その後もバイトは、あるものの全く釣れないです。そのうちバイトさえなくなりました。それならボトムまで落とし、アクションさせてみます。すると、明確なバイトがあり、上手くアワセを入れました。そして、良い感じに引いてくれます。が、釣れたのはヒラメの赤ちゃんでした。もう少し大きくなったら会おうと約束し、海に帰っていただきました。

ここから沈黙が続きます。少し潮が動き出してから海面でパチャパチャとライズ音が聞こえ出しました。丁寧にアクションさせ狙ってみますが、釣れません。思い切って着水と同時に早巻きリトリーブしてみるとヒットです。これが今回のパターンみたいで1キャスト1ヒットの入れ食い状態です。しかし、風が少し出てきてライズが止み沈黙。今度は、少し中層まで沈め早巻きリトリーブでヒット。ここから入れ食い。また、風が止みライズが始まったので、表層早巻きリトリーブでヒット。表層、中層をこのパターン攻めて良い感じに釣れてくれました。

○釣り場…大分市内〜佐賀関
○釣果…アジ(ゼンゴ〜小アジ)
○感想…釣れなきゃ釣れるまでランガン。時には、がさつに早巻き。毎回、違うエリア、違うパターンで釣れる。それを探しながら釣るのが面白い。アジングは、奥深いですね。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード