TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

SUPER LITE JIGGING&落とし込み

2018年 7月 14日 14時頃

7月14日、大潮。連日うだるような暑さが続いているこの頃。しかし、先日の西日本豪雨の影響で海はのきなみ水温が低下している。そのため海上の風は涼しく、日光を避けることができれば、思った以上に快適な釣りを楽しむことができる。この日は、そんな真夏の釣りを楽しむべく、臼杵の「ブルースFS」が臼杵湾に乗り出す。豪雨の影響で湾内にはイワシやアジの群れが大量に入っている。「実は、天気が荒れた後には大型アジが入ることがあるので、それを狙っています」と船長。ソナーでアジの群れを確認しながらポイントを定める。スーパーライトジギングでアジのレンジまでジグを落とすと、良型アジががヒット! 狙い通りの状況に船上も一気にヒートアップ。

潮の変化があった時に、ひときわ大きなアタリ! ジーッとスプールからはじき出される糸に、ギガアジを確信! 慎重にヤリトリをして、上げたアジは、体長50㎝の大型アジ!「ウヒョー釣れました!」と歓喜の声。マアジの50㎝オーバーはそんなに釣れるサイズではない。暑い中釣りにでかけた甲斐があった。

お次は、落とし込みでのヒラメやハタ狙い。前述した通り、大量のベイトが入っているため、非常に高確率で釣れる状況となっている。「実はこれから秋に向けてが一番いいシーズンなのですが、豪雨の影響でイワシの群れが大量に入っています。だから落とし込みが狙い目なのです」とは船長のアドバイス。落とし込みのエサとなるのは、イワシがベストなのだが、通常はアジがメインとなる。そして、このアジのサイズが大き過ぎると、ヒラメが丸呑みにできないため、アワセのタイミングが取りづらいのだ。イワシが入れば、落とし込み! しかも、ソナーでイワシの群れを追いかけるため、非常に高確率でヒラメが狙えるのが今の状況である。

「タイバラのタックルに、そのまま落とし込み仕掛けをぶら下げるといった方法でも十分狙えます。その際は、ハリが4〜6本と仕掛けの全長が短い仕掛けの方が扱いやすいですよ」と船長のアドバイス。タイラバで良型マダイを狙った後は、そのまま仕掛けをチェンジして、落とし込み釣りとなる。仕掛けを落とし、まずはイワシをハリに掛け、更に仕掛けを落として、ヒラメやハタ類のアタリを待つ。この調子で体長40〜60㎝級のヒラメがザクザクとヒットするのだから面白くないはずがない!

「今のところは、9月までは落とし込み→イカメタルのリレーで出港する予定です。ただ、今年はイカのスタートが遅かったので、もしかするとずれ込む可能性もあります。その時は、臨機応変に対応いたします!」と船長のコメント。この夏、ブルースFSでは、スーパーライトジギングでのギガアジ、イサキ狙い、そして、落とし込みのヒラメやハタ狙い、更に夜のイカメタルといった3本柱で出港する予定。まずは、船長に連絡してどれが狙い目なのかを確認してから、それぞれの釣りに備えて欲しい。個人的にはスーパーライトジギングのイサキがオススメ。近年イサキもルアーの対象魚として脚光を浴びているだけに、一足早く体験して欲しい!

写真提供=ブルースFS TEL 090・9720・7207

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード