TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分市内・家島のチヌ・アジ釣り

2018年 8月 21日 14時頃

8月21日、若潮。暑い毎日が続き、おまけに台風が連続発生。南東の風が吹く中、昨年の今頃に大分市内の「家島」で良型アジが釣れたのを思い出し、干潮の午前10 時頃に出掛けてみた。台風接近の影響か貨物船が入っていたが、先端付近が空いていたので、そこに釣り座を構える。他に釣り人の姿は無いので、状況は分からないが、準備してきた沖アミ生1角に、マルキユーの集魚剤「チヌパワームギスペシャル」と「ワンバー湾チヌⅡ」を混ぜ合わせる。マキエを仕上げたら7〜20mのポイントにこれを10パイほど打って、仕掛け作りに入る。

まずは半遊動で試そうと釣研「Kー6」に、ハリスは「ジョイナープレミアム/1号」を3・5m取り、エサズレのしないオーナーばり「沖アミチヌWケン付/1号」を結び、タナは5mから釣り開始。ツケエは沖アミ生とマルキユー「くわせオキアミスペシャル」、沖アミボイル、ネリエの4種類を準備した。潮の方は右流れをしており、7m先のカケアガリを攻めていたウキが、数投目に「スー」と消えたので、「来た!」と大アワセすると、竿を大きく曲げてブルブルしながら25㎝級のアジが上がって来た。これに気を良くして再び仕掛けを流していると、23㎝級のアジがヒット! しかし、お次は20㎝と少しサイズダウン。その後は豆アジの猛攻となり、横に来たサギのエサやり状態となった。

潮が変わった13時頃から「沈め釣り」へと変更し、30m前後をボイルで流していると、竿先に強烈なアタリ! アワセを入れると、一気に沖へと走り、その走るスピードがチヌより速いので「もしやマダイか?」という気持ちが沸き起こる。慎重にヤリトリして寄せると、マダイではなく45㎝のヘダイで少し残念。

その後、ツケエをローテーションしながら釣っていると、23 ㎝級のアジがアタったかと思えば、強烈な引きをする40㎝オーバーのチヌが引きを楽しませてくれた。潮が流れれば、竿先にアタリが出るようになり、暑いので定期的に水分補給をしながら釣り続けた。そして30m以上のド遠投から20mの中間地点を探っていたら、満ちの6分位に時合い到来! 連続して竿先から道糸が出るほどの強烈なアタリがあり、真ん丸とした43㎝のチヌがタモに収まった。

型こそ少し不満だが、22〜23㎝級のアジも上がり、暑さのなか辛抱してマキエとツケエをローテーションしながら17時まで頑張って釣った釣果は、チヌが3枚、ヘダイ1枚に20〜25㎝級アジが12匹。最後に釣れたアジに大型エイが飛び付いて、50m程強烈な引きに耐えてみたが、仕掛け毎全部取られたところで納竿した。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード