TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

坂ノ市横一文字 二枚潮の攻略が鍵!

2018年 8月 4日 13時頃

8月4日、小潮。今回の釣行は、職場でいつもお世話になっている片山さんと古莊さんと私の3名で坂ノ市一文字へ遊びに行ってきました。早朝6 時より青い回転灯が目印の「大勝丸」に乗船し、先日「マルキユーチヌ釣りフェア」で釣果の良かった横一文字に向かいます。当日の気温は35℃と非常に熱く、熱中症対策を万全に行いました。

使用したマキエは、沖アミ生2角にマルキユー「チヌパワームギスペシャル」と「チヌパワー白チヌ」、「チヌパワー激重」に「活きさなぎミンチ激荒」を加え、まんべんなく配合しました。準備したツケエは同じくマルキユーの「くわせオキアミスーパーハードBIG/L」と「くわせオキアミスペシャル」、「丸えび丸呑みレッド」にくわせ練エサの「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」、「アピールホワイト」の3種類も用意しました。

いつも釣果の良い片山さんは、今回も自前の棒ウキを用意しウキチュンを楽しんでいます。棒ウキは見てて面白く、私もドキドキワクワクしながら見学させて頂きました。するとさっそくウキが「チュン」と沈みます! 片山さんはすぐにアワセを入れ、中々の重量感で笑顔がこぼれます。ゆっくりと寄せてタモ入れすると、43㎝の本命チヌが顔を見せてくれました。いきなりのチヌを見て、私も仕掛けを準備します。

私のチヌ釣りは沈め釣りが基本で、今回も竿はがまかつ「マスターモデルⅡチヌ/Lー
53」、道糸・ハリス共に1・5号を使用し、ウキは釣研「プログレスチヌ・ハイグレー
ド/ S5 」をチョイスしました。ハリはがまかつ「チヌR/2号」を使用し、ハリ上20 ㎝にガン玉G4号を取りけました。完全に底ベタイメージです。一文字は二枚潮や激流により仕掛けが思ったように入らないことが多いので、しっかりと上潮を突破できる仕掛けを選定したのです。

まずはマキエを足元と沖に打ち、魚の反応を確認します。足元には多数のスズメダイや小アジの群れが多く、苦戦しそうな状況です。足元のマキエを欠かすことなく沖にも大量にマキエを入れて仕掛けを投入します。潮は左から右に少し速いスピードで流れていますが、S5の効果でウキがしっかりと潮をつかみ綺麗に流れていきます。するとさっそく道糸が走ったのでアワセを入れます!しかし釣れたのは手の平サイズのマダイでした。

そこで中間にガン玉を追加し、先ほどよりもう少し深めをイメージして流してみます。するとまたまた竿引きのアタリ! アワセを入れると、今回は凄く軽い…。上がって来たのは豆ゼンゴでした。思った以上に上潮が速いようで、中々仕掛けが底まで届きません。そこでガン玉をG4だけからBの段打ちに変更です。今度はうまく仕掛けが馴染み、集中してアタリを待ちますが、一行に道糸に反応がありません。そんな中、片山さんの竿が曲がります。今度もチヌのようで、慎重なヤリトリを行いタモ入れすると、先程と同サイズのチヌが上がってきました。潮が速い中でも棒ウキを使いこなし、小さなアタリも見逃さない技術はさすがの一言です。私も負けじと試行錯誤を繰り返し、ツケエをローテーションしますが、ネリエでもツケエが残らない状況が続きます。

その後、潮が左から右に変わり、足元に流木が滞留して、流し込むのに非常に困難となります。そこで沖向きから地向きに釣り座を変更することにしました。地向きも足元には小アジとスズメダイが無数に居ます。沖にマキエを30パイほど打ち、1 投目に勝負をかけます。少しでもエサ持ちが良い「食い渋りイエロー」と「アピールホワイト」を混合わせ、アタリを待ちます。すると、前アタリの反応!少し待つと道糸が「スゥ〜」と走り、どうやらチヌらしきアタリのようです。完全に持って行った所でアワセを入れると、本命らしく「クン、クン」と竿を叩くアタリ! 思わず笑みがこぼれます。慌てず慎重にタモ入れすると、無事本命のチヌが顔を見せてくれました。

今回の釣行は夏場ということもあり、さらに短時間勝負とあって、一段と一文字の難しさを痛感できた一日となりました。まだまだ猛暑が続きます。釣行の際は熱中症対策を万全に行って釣行して下さい。また夜釣りでは良型のアジが交じることもあるようで、タイミングが良ければ良型のマダイも釣れているようです。皆さんも熱中症には十分注意し、時間が許す限り一文字に足を運んでみて下さい。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード