TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津の沖黒でオナガ★チャレンジ!

2018年 9月 11日 13時頃

9月11日、大潮。そろそろオナガのシーズンも終盤戦に突入。平成最後のオナガ釣りを楽しもうと、いつものように米水津から沖の黒島「長ミゾ・奥」へ上礁したのは、本誌のスーパーアドバイザー・首藤さんと阿南さん一行。早朝便を避け、見回り便で釣り場に到着すると、長ミゾの先端部では2人の先客が竿出し中。「どうですか?」と声をかけると、「型の小さいオナガがぼつぼつ。まだ大型らしきバラシもありません」との返答が返ってきた。長く続いたウネリの影響で先週と比べて4度ほど下がって、当日の表面水温は22・5度。まだ20度をきっていないとはいえ、これだけ一気に下がると魚の活性も悪くなるだろうと予測していたのだが、やはり…といった感じである。

それでも竿出ししてみるまで分からないと、オナガ専用のタックルを組み、いざ釣りスタート。パラパラとマキエをすると、磯際からコガネスズメなどのエサ盗りがチラホラ見えるが、心なしか元気がない様子。竿1本ほど先に仕掛けを投入するが、変化なしでそのままツケエが戻ってくる。そうなれば「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」とばかりに、マキエをバラけさせながら打ち、約15mほど先に仕掛けを投入! マキエに魚影が集まるのが目視できる。どうやらイズスミらしい…。渡船「功明丸」の船長も「最近はオナガのバラシよりもイズスミのバラシの方が多いみたいですよ」とアドバイスをくれていた。この光景を見ると納得できる。しかし、よく目を凝らしてみていると、オナガらしき魚影も見える。そんなことを思っていた首藤さんのウキが一気に加速して水中へ消し込む。体が条件反射しアワセ! まずは体長38㎝ほどのオナガがヒット!「オナガがいるゾ!」と隣の阿南さんに声がけ…。その声に呼応するように、阿南さんの竿にもアタリが…強烈なアタリに、一瞬オナガかと思ったが、こちらは体長35㎝ほどの口太であった。

「ウネリ続きでやはり水温が4度も下がったのがかなり影響しているようです。口太が釣れたのには驚きました。例年であればこの周辺で口太が釣れるのはまだ先。今年は台風やウネリ続きで水温も上がりきらなかったので、秋磯のスタートも案外早いかも知れません」とは首藤さんのアドバイス。皆さんご承知の通り、クロは18〜20度くらいが一番活性が高いと言われている。それだけに、これから秋が深まるにつれて、水温が下がってくると、米水津全域でクロ釣りが楽しくなるはず。

首藤さんのオナガ狙いは、決してツケエを深く入れない。およそ1ヒロ半までがオナガのレンジ。それを過ぎるとイズスミとなり、イズスミのレンジを更に過ぎると、ツケエが残りっぱなしといった状況。だから、ハリスにわざとアタリウキなどを取り付け、できるだけ浮かせて流せるように工夫されている。

もうひとつオナガ釣りで欠かせないテクニックがある。マキエを塊で打たないこと。もともとの絶対数が少ないオナガ。塊でマキエを打つと、エサ盗りを集めたり、タナが深くなったり、オナガの食いが持続しないなど悪影響が多い。よって、できるだけバラけるようにマキエを打ち、それでもオナガのアタリがないようであれば、沖アミの粒だけを撒く。「口太よりもオナガの方が視覚的に訴える方が、よりアタリが出やすいケースが多いようです。なので、私がオナガ狙いをする時は、集魚剤と混ぜない沖アミを用意しておき、ここぞというときにその沖アミだけをバラ撒きます」とは首藤さんのアドバイス。

この調子で、2人の合計で、38㎝級のオナガ4枚、45㎝級のオナガ1枚、30〜35 ㎝級は10枚とオナガ祭りを楽しんだ。最後のおまけとして、阿南さんが強烈な締め込みを避わして無事に取り込んだのは、体長50㎝級のイズスミ。これには阿南さんも苦笑い…。朝晩も涼しくなり、状況も好転している。今年の秋磯はいつもより早く始まる雰囲気がプンプンする。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード