TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

クロとホゴ釣り大分県南編

2018年 10月 8日 13時頃

10月8日、大潮。秋らしい日々が続きだした3連休最後に、県南の波止で30㎝級のアジが釣れていると言うので、國武親子と私の3人で出かけてみた。釣り場に到着したのが午前6 時頃で、ちょうど満潮。風は少しあるが、準備してきた沖アミ生1角にマルキユーの集魚剤「ナンバー湾チヌⅡ」と「チヌベスト」を混ぜたマキエを仕上げて、ポイントに10パイ程打ってから仕掛け作りに入る。

ウキは釣研「波止スティック/1号」にハリスは強度抜群の「ジョイナープレミアム/1・2号」、エサズレしないオーナーばり「沖アミチヌWケン付/2号」を結ぶ。ツケエの方はマルキユーより新発売された「食い渋りイエロー/L」とネリエ、沖アミ生とムキ身を準備した。タナを10mと深くセットし、そこに居る良型アジを狙う計算である。

釣りを開始したのが午前7時前で潮は左流れ。15m先に少し投げてウキが馴染んでからマキエを打つと、少し流れてから棒ウキがスーと消えるアタリがあり、大きくアワセを入れるとブルブルとしながら20㎝級のアジが上がって来た。続いて18㎝と小アジが続くので、ツケエをムキ身やネリエに替えてみるが、やはり18㎝前後のアジばかりである。

横の方を見ると國武氏の息子である迅君が、釣ったアジの切り身でホゴ釣りをしており、3連チャンで23〜25㎝の良型ホゴを釣っていた。これを見て私もクーラーから「くわせキビナゴ」を切り身にして、迅君の横から捨て石周辺を狙ってみると、20〜25㎝のホゴが5連チャンと面白いようにアタリがあり、このポイントはホゴの巣かも? と15匹ほど釣ることができた。

しばらくして、アジがダメならクロはどうかと「グレパン」を主体としたマキエを打ち続けていると、2〜3m流れたところでクロがチラホラ見えるようになったので、1・5ヒロ位のタナで狙ってみることにした。ツケエはネリエやムキ身を併用して狙い、数投毎にアタリが出るようになった矢先、ウキがスーと一気に消し込んだところでアワセ。0・6号の竿が大きく曲がり、道糸を送ると丸々とした30㎝オーバーのクロが釣れた。それから25〜31㎝までのクロを10枚ほどキープしたところで、左流れの潮が速くなったので一息。

迅君のところへ行ってみるとホゴはまだ順調に釣れているようで、今度は反対側のポイントをアジの切り身で狙ってみることする。少しサビいて狙っていると、1投目から強烈なアタリがあり、本日最大26㎝のホゴが上がった。潮が緩む12時頃まで少しずつポイントをズラし、15〜26㎝を15匹程釣ったところで昼食タイム。すると「今日はアジやチヌはダメみたいよ」と國武氏が嘆いていた。私も最近、アジ釣りの厳しさを痛感しているので、今ではその日釣れる魚を狙うようにしてしている。

この日はクロとホゴが正解だったようで、クーラーはその2種で満タンとなり、楽しい一日となった。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード