TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

もりたろうの大分近郊釣行記

2018年 10月 8日 14時頃

10月に入り、朝晩がかなり冷え込んで来ました。気候的にはとっても過ごしやすくなってきたのですが、海水温は外気温の1ヶ月遅れで変化すると言われています。そんなわけで、海の中はまだまだサマー! 高活性のエサ盗りスイミーちゃん達で、連日賑わっております。今回は、エサ盗りを避わしつつ、沖の大物を狙えるカゴ釣りに挑戦してみましたので、報告します。

10月8日、大潮。実に2年ぶりとなるカゴ釣り。久しぶりなので、まずは仕掛け作りからおさらいです。利用する竿は磯竿の3号、リールは3500番で、道糸はナイロンライン5号を巻いています。ウキは浮力6号の棒ウキを使用、その下にカゴを取り付けます。ハリスは1・5号を2ヒロ。潮流が速い場所は特に出来るだけハリスを長くとった方が、ツケエとマキエの同調がしやすいと思います。

ここで、カゴについて一言。釣具店を覗いてみると、数多の種類のカゴがありますが、どれでも良いというワケではありません! カゴ釣りにおいて、カゴ選びはかなり重要です。ツケエとマキエの同調が簡単で、フカセ釣りでは届かないポイントを狙えることがカゴ釣りのメリットですが、追加でマキエを打つことが出来ないため、1投でツケエと同調出来るだけのマキエをカゴに詰め込む必要があります(カゴが大きすぎると仕掛けが重たくなり、キャストに支障が出てしまうので、この辺はバランスが大切です)。

また、狙ったタナに着くまで、できるだけ多量のマキエをカゴ内に保持するために、フタがあると便利です。狙ったタナに着いたらカゴがひっくり返って、一気にマキエを放出する「反転カゴ」も人気がありますが、着水の衝撃でかなり多くのマキエを失われてしまうのがネックです。以上から「①程良いバランスを保ちながら、できるだけ大きく」、「②フタ付き」であるカゴを、個人的には推したいです。

さて、仕掛けが出来たら、次はカゴに詰めるマキエ作り。カゴの目の大きさから、今回はジャンボ1角を使用します(沖アミは、カゴの目を通過しない可能性が高いので、あまり使用しません)。これにチヌ用かクロ用の集魚剤を混ぜて完成です。カゴ釣りはフカセのようにマキエを固める必要が無いため、集魚剤を使わない人も多いですが、集魚剤を混ぜると煙幕が出来て視覚的に有利だと考え、いつも集魚剤を使っています。

全ての準備が終わったので、いよいよカゴ釣りスタート! カゴにたっぷりとマキエを詰め込み、40m先に仕掛けを投げ入れます。仕掛けが着水する直前に、サミング(リールのラインを指で押さえて、ラインを張ってやる)をすると、竿側からウキ→カゴ→ツケエが一直線になり、仕掛けは絡むことなくスムーズに着水します。ウキが立ったら竿を2回ほどシャクって、カゴからマキエを放出させてやります。仕掛けを手前に引っ張らないように、素早くシャクります。最初はなかなかアタリが出ないので、できるだけ手返しを早く行い、仕掛けは毎投同じポイントに投入します。そうすることで、狙いのポイントにマキエを溜め込み、魚を寄せることが出来ます。そうこうしていると、約10投目に初アタリ! 視認性バツグンのデカいウキが海中に消し込まれる姿は、メチャクチャ興奮します(笑)。しかし、残念ながら釣れたのはチャリコ…。この後、1投ごとにチャリコが掛かります。徐々にサイズアップしていきますが、足の裏サイズが最大です(汗)。

まぁ、魚のサイズはさておきアタリは多いので、いつかデカいのが釣れるだろうと期待していたら、突然、ウキどころかラインごと持って行くような強烈なアタリ! 釣れたのは30㎝近いデカアジでした! これは、デカアジ量産か? しかし、急いで次の1投をぶん投げた瞬間、「バッチ〜ンッ!」というイヤ〜な音が…。なんと道糸が切れ、ウキから下が飛んで行ってしまいました! これはマズい! 予備のカゴを持っていないため、カゴ釣り続行不可能です!「今回の釣りは終わった…(泣)」としばらく途方に暮れていたら、「こんにちは〜。釣れますか〜?」と、親子連れの釣り人に声を掛けられました。自嘲気味にこの悲劇を話したところ、何と「良かったら、使ってください。」とカゴを貸して頂きました! まさに「地獄に仏!」スペシャルサンクスです! 仕掛けの復旧までかなりの時間が経ってしまったので、すでにアジの影はありませんでしたが、この後、足の裏から30㎝までのクロとメイタをゲットすることができました。これからまだ釣れそうでしたが、マキエがなくなってしまったので、これにて納竿です。

納竿後は、親切な親子に恩返し! あまり経験の無いフカセ釣りをされていたので、ちょっぴりアドバイスしたところ、息子さんが40㎝近いバリをゲット!「タモを使ったの、初めてや!」とめちゃくちゃ喜んでくれました! 完全にコツを掴んだ息子さん! この後、30㎝級のクロを5枚ゲット! さすが、若いだけあって飲み込みが早いです。釣りを楽しむ二人の姿を見て、釣りの素晴らしさを改めて感じたもりたろうでした。でも! 次回こそは、私もデカいの釣りますよ(笑)!

HN/もりたろう・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード