TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

「星隆丸」改「HOSHINO CRUISE(星隆)」新造船でドラゴン狙い!

2018年 11月 2日 0時頃

11月2日、長潮。タイラバ、五目、タチウオ釣りなどいろいろな釣りで楽しませてくれる「星隆丸」が、以前より噂になっていた新造船で出港となった。近年では珍しい新造船とあり、業界関係者からも注目の船。初出港でボーズは許されないとばかりに、今季絶好釣のタチウオ狙いとなった。

この日は長潮と潮もまずまず。今年は特に大潮周りが釣り難い日が多く、それほど苦戦することもないかと予測していた。しかし、釣り人によって使う道具が異なるため、それを考慮しながらの操船はなかなか難しいものがある。とはいえ、やはりハイシーズンのタチウオとあり、コンスタントにアタリが発生し、気づくと、ご覧のような釣果に恵まれた。心配した初出港でのボーズも回避し、順調な滑り出しとなったようだ。

「潮やポイントによっては150号クラスのテンヤを使用することもあります。また道具によって釣果の差が出やすい日もありますので、ご予約の際に、仕掛けなどをお尋ねください。詳しい仕掛けをお伝えいたします」とは、船長のアドバイス。特に深場を狙うときには、この道具の差が思った以上に現れる。せっかく船に乗ってタチウオを狙うのであれば、確実にアタリが取れる道具でタチウオ釣りに挑みたい。

まだまだタチウオはハイシーズンが続いている状況。徐々に水温が下がる度に難しくなってくるので、初心者の方ほど早めの釣行をオススメしたい。指6〜8本が狙えるのは、この豊後水道の特権。他の県ではなかなか狙えないサイズだ。

「星隆」…エンジン673 馬力、最大25 ノットのモンスター級新造船。定員11 名。8 名が就寝できる設備も整え、釣り以外の楽しみも追求していくとのこと。釣りをしながら海上バーベキューや夜景工場見学など、海の上ならではのレジャーを楽しんでいただけます。スラスター、ソナー、発電補機、サテライトコンパス、ブロードバンド魚探、GPS2台、その他準備中。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード