TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

上浦夏井港→風無港リレー フカセチヌ

2018年 11月 9日 14時頃

11月9日、大潮。朝晩の冷え込みが激しく肌寒いですが、日中は過ごし易い時期となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 周りからはクロ、チヌどちらも良い情報が入っているので、どちらに行こうか悩みましたが、今回は秋チヌを狙っての釣行としました。同行して頂いたのは、私と同じチーム鬼掛に所属している中澤くんです。

私達はゆっくりと車を走らせて大分県南エリアへと足を運んでみました。あいにく当日は北寄りの暴風という警報が出ており、釣り場の選択にかなり悩みました。港を転々と周りながら竿出しできそうな港を探して行くと、上浦の夏井の防波堤は風が無く竿出しできそうだったので、ここで竿出しする事にしました。この時点で時刻は午前9時くらいだったので、慌てて準備に取り掛かります。

私が準備したマキエは、沖アミ生1角につり万「乱舞さぐりちぬ」、「カラーチヌ」、「チヌの舞ホワイト」を各1袋ずつ丁寧に練り込み、強風時でも遠投ができるように仕上げました。仕掛けの方は、強風時でも遠投が可能な、ソルブレ「シルバーループ/00号」の全遊動仕掛けをチョイスし、ハリはフルキャストしてもツケエが外れ難い設計に作られている、信頼の鬼掛「競魂チヌ/2号」をセットしました。

すぐに釣りを開始します。足元に数ハイのマキエを打ち込み海の様子を伺ってみると、ワラワラとスズメダイやコッパグロが待ってましたと言わんばかりに集まってきたので、手前は諦めて遠投で狙っていくことにしました。風も無かったので40m程沖を集中的に狙い、数投仕掛けを打ち返してみますが、魚からの良い反応は返ってきません。時間的にちょうど下げ潮に入ったばかりでした。

「下げ潮だから反応が悪いのかな?」と中澤くんと話しながら仕掛けを流していると、いきなりラインを弾き出す強烈なアタリ! 慌てて体勢を立て直しゆっくり慎重に寄せにかかります。チヌ特有の引き味を楽しみながら無事取り込んだのは、綺麗な魚体の45㎝チヌでした。ここから状況が良くなると思い、すぐに次を狙うために仕掛けを打ち返します。しかし、気持ちとは裏腹に真横から風が次第に強くなり、まともに釣りができる状況では無くなってしまいました。

そこで渋々場所移動をする事にしました。次に私達が向かった場所は、佐伯の風無港です。さほど風も気にならないので、すぐに準備にとりかかりました。防波堤の先端には先客の方々が居られたので、私達は防波堤の真ん中付近から竿出しする事にしました。仕掛けを数投打ち返してみると、ラインがゆっくり伸びていきます。すかさずアワセると良い重量感が手元に伝わり、ゆっくり慎重に取り込んだのは、30㎝級のクロでした。防波堤でこのサイズが釣れるのは最高ですね。大分の海の凄さが分かります。

その後も仕掛けを打ち返し、30㎝前後のクロが竿を曲げ楽しませてくれます。次第にクロも釣れなくなり、ゆっくり仕掛けを送り込んでいくと、ベタ底付近で綺麗な40㎝のチヌが釣れました。これは単発で、試行錯誤して仕掛けを打ち返しますが、その後は反応がありません。諦めかけてた頃に先端で竿出しされてた方が帰られたので、わずかな残り時間ですが、先端に移動して竿出ししました。するとすぐに中澤くんにヒット。丁寧なヤリトリで40㎝クラスのチヌを釣り上げました。

立て続けに同サイズをヒットさせます。私もわずかにラインへの違和感を感じ、アワセてみると一気に走り出しました。良型と確信しゆっくり慎重に寄せにかかり、無事取り込んだのは体高がある綺麗な51㎝の大型でした。久しぶりに年無しを釣り上げたので、とても興奮しました。ちょうどエサも無くなったので、これにて納竿。いつも私達を楽しませてくれる海に感謝です。まだまだ大分のチヌは釣れると思いますので、皆様も是非足を運んでみてはいかがでしょうか? 楽しめるのは、間違いないですよ。

チーム鬼掛大分支部/小原雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード