TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

晩秋のエギングモイカ一尺屋〜佐賀関

2018年 11月 6日 0時頃

11月1日、小潮。臼杵市佐志生の「竜ヶ鼻」で釣行予定だったが、すでに釣り人が。仕方ないので佐賀関の下浦へ移動。こちらも意中の場所には釣り人。平日だというのに、佐賀関は釣り人でいっぱいなのです。2時間以上シャクリ続けたが反応なし。風向きも変わり、右斜め方向から吹き始める。エギングしにくくなったため移動。田ノ浦漁港の近くの地磯が空いていたので竿出し。1投目、着底から5回シャクって最初のフォール。キタキタキタぁ〜! 300gちょっとか? ギャフ打ちするほどの大きさではないがどうする? 小志生木での「ボチャン」が脳裏をよぎるが、ええい、抜きあげよ! 見事成功!この後、1時間ほどシャクったが反応なし。エギングあるある。「今日買ったエギをロストする」あのエギ高かったのに…、納竿。

11月5日、中潮。やっぱり気になる「竜ヶ鼻」。17時頃、到着。今日はいないぞ、釣り人が! 釣れそうな雰囲気バリバリ。3投目以内で釣れるじゃろ、と思ったが甘かった。こうなると回遊待ちでひたすら投げ続けるしかない。目の前を数隻の漁船が通り過ぎる。観察すると、漁船が同じようなラインを通っていることに気がつく。たぶん、あの辺りにブレイクがあるのかもしれない。目の前でナブラが立つ。カマスが小魚を追いかけているのだろうか。沖で鳥山が見える。さすがにあそこまでは届かないな。

シャクリ続けた17時50分。根掛かり? モワっとした重みだが生命反応がない。大きめの藻が絡みついているのかな? 半分くらい巻いたところで、突然の生命反応。「イカやったんかい!」まぁまぁの大きさで500gはありそう。掛け所は良さそうだが、10月25日の悲しみは繰り返さない。ギャフ打ち成功。516gをゲット!

竜ヶ鼻、何だか今夜はいけそうな気がする。エギングあるある。「その後は沈黙」。再度の回遊待ちを狙い2時間粘ったが残念ながらというか、いつものことであるが、この1パイで終わってしまった。

11月6日、大潮。佐賀関の玉井漁港近くの地磯。砂地であるが実績ポイント。朝まずめ、ここが釣れる! と予想したが不発。エギングあるある。というより釣りあるある、かな。「朝日が綺麗だな〜」。目の前でナブラがたつ。海面の波紋の様子からヤズが小魚を追いかけているようだ。メタルジグかプラグを持っていればよいのだが、荷物が重くなって疲れるので最近は持ち歩かなくなった。さて、イカ墨がたくさんある堤防であろうと、雰囲気抜群の地磯であろうと、実績の釣り場であろうと必ず釣れるわけではない。どちらかというと空振りが多い、それがエギングであります。

エギングあるある。「釣ったイカの数よりロストしたエギの数の方が多い」。ことに今年もなりそうな筆者ですが、年末までエギングをするのでありますよ。「光って見えた」そんなことはないわけですが、モイカが光って見えたら本当にいいのにねぇ(笑)。

HN/アトピーパパ・記
エギングあるある。「釣ったイカの数よりロストしたエギの数の方が多い」。ことに今年もなりそうな筆者ですが、年末までエギングをするのでありますよ。「光って見えた」そんなことはないわけですが、モイカが光って見えたら本当にいいのにねぇ(笑)。

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード