TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

もりたろうの大分近郊釣行記

2018年 10月 20日 18時頃

朝晩の冷え込みがきつい季節になってきました。しかし、日中は気温25℃以上の夏日になることもしばしば。この時季は海水温が安定せず、ベストシーズンの秋でも、信じられないくらい厳しい釣りになることがあります。しかし、釣り師たる者、釣りに来たからには、どんな状況でも結果を残したいところです。状況に応じて、いろいろな釣りをやってみれば、思わぬ釣果に恵まれることも。今回は、まさしくそんな釣りとなりましたので、報告します。

10月20日、中潮。この日は、友人のT君と県南へクロ釣りにやって来ました。しかし、釣り場に着いてみると北風が爆風!天気は良いものの、台風なみの猛風が吹き荒れています。とても竿を出せるような状況ではありません。仕方なく、意中の釣り場を去り、竿を出せそうな場所を探して海岸線を転々としていたところ、上浦のとある漁港に辿り着きました。半島方面ではあれだけ吹いていた爆風が、ここではそよ風。上浦エリアは北西の風に強い釣り場が多いため、これからの季節におススメです。

さて、今回の仕掛けは全遊動!ハリスを7mとって、00号のウキをハリスに直接通します。竿4本先にマキエをバンバン打ち込み仕掛けを投入し、さらにマキエを追い打ちしてアタリを待ちます。しかし、これが全くアタりません! ツケエも丸残りです(汗)。戻ってきた沖アミを触ると、かなり冷たくなっています。水温低下の影響なのか、本当に生命反応がありません。10月の海とは思えない(涙)。

「フカセがダメなら」とエギを振ってみますが、こちらも反応無し! ヤル事が無くなってしまい途方に暮れていると、足元に無数の魚影を発見!潮が濁っていて見づらいですが、型も小さくない感じです。「何の魚かな〜??」と目を凝らしていると、僕と同じく何も釣れていなかったT君がメタルジグを投げ始めました。もともとルアーマンだけあって、シャクリ方がキレイです。そして、あっさりと足元の魚をゲット!魚の正体は、カマスでした! しかも30㎝オーバーのグッドサイズ。普段、ルアーはまったくやらない僕ですが、2本目のカマスも簡単に釣ってしまったT 君を見て、めちゃくちゃやってみたくなりました! と言うか、いい加減、魚の反応が欲しい…。

僕はジグを持っていないので、T君から竿ごと借りてチャレンジです。彼のアドバイスによると、「中層までジグを落として、小刻みに数回シャクっては止めてを繰り返すと良い」とのこと。見よう見まねでやってみますが、なかなか難しい! さっきまでエギを振っていたせいもあってか、ついつい、シャクリ方が大振りになってしまいます。しかし、バイトは無いものの、数匹のカマスがチェイスして来たので、俄然ヤル気が出て来ました(笑)。

そして、操作に慣れてきた数投目から、「ガツガツッ!」とバイトが続発します! しかし、なかなかハリ掛かりしない…。ここで、T君から「ストップの時間をやや長めに」とアドバイス。早速、実践してみると、ついにハリ掛かりしました!やっとのこと1本目のカマスをゲットです。型が良いので、引きも楽しい!

さらに釣果を伸ばそうとキャストを繰り返しますが、徐々にバイトが無くなり、チェイスも無くなってしまいました。どうも完全にスレてしまったようです(汗)。まだかなりの魚影が見えるので、カマスはいるのですが、この状況は自分の手には負えません…。ここで、T君と再度バトンタッチ。すると、T君も釣り方を替えていきます。ジグを底ダナまでしっかりと落とし、シャクリ回数をやや多めに。T君によると、「縦の動きを大きくし、カマスにジグを見せる時間を長くしている」そうな…。で、半信半疑の僕を尻目に、またまたあっさりと釣ってしまうT君! 気が付けば、良型ばかり10匹のカマスをゲットしていました!当たり前ですが、同じ道具を使っても、やっぱり素人とは違いますね(笑)。T君、流石です!

さて、この後のワタクシはと言いますと、再びフカセに戻りますが、やはり魚からの反応は乏しく、この日、唯一のアタリで30㎝のクロをゲットしたものの、この1枚で打ち止め。何とも悲惨な釣りとなってしまいました(涙)。

今回は、二人してマルボーズを食らう寸前でしたが、何とかカマスに助けられました(僕は、ほぼボーズでしたが…)。いろいろな釣りに精通しているT君ならではの釣果だったと思います。釣りの世界も「芸は身を助ける」ですね! これを機に僕もルアーを練習します(笑)!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード