TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

クロとアジを求めて上浦へ

2018年 11月 23日 16時頃

11月23日、大潮。海水温も20℃を切るようになり、丸々と脂の乗ったクロが釣りたいと思い、強い北風を遮る上浦の波止へと向かった。現地到着が午前11時で引きの6分位であった。

早速準備してきた沖アミ生1角にマルキユーの集魚剤「グレパワーVSP(新発売)」と「グレパワーV11」に「V9」を混ぜたマキエを仕上げて、ポイントに10数投打ってから仕掛け作りに掛かる。ウキの方は、アタリが鮮明に出る釣研「波止スティック/1号」に、強度抜群の「ジョイナープレミアム/1・2号」を3・5m取り、強風でも投入時にエサズレしないオーナーの「沖アミチヌ/1号」を結んだ。

タナ取りをすると15m程あるので、12mから「くわせオキアミ」のMサイズを付けて釣り開始。ウキが馴染み、少し左へ流れた所で、早くもアタリがあり、「スー」と気持ち良い程ウキが消し込んだ所で、「来た!」と大アワセ! グーンと竿を大きく曲げて、グーグーと小気味良い引きをして28cmの良型アジがタモに収まった。続いてまたも同じ所でアタリがあり、27cmのアジがヒットした。今日はクロをメインに狙いたいので、集魚剤も短期決戦型の集魚能力が高いものを入れてみたが、こんな深ダナで1投目からアタリがあり、楽しみな集魚剤だと感じた。

その後、ポツリポツリではあるが、25〜28cmのアジがアタり、軟竿で引きを楽しんでいた13 時の干潮前に「スパーッ」と消えるアタリがあり、メイタかな? と思って上げてみると、28cmの塩焼きサイズのマダイであった。続いて一気にウキが消えるアタリがあり、手前に突っ込むのに耐えて浮いて来たのは、本日の狙いであるクロ。しかも良型で、タモから出してメジャーをあてると、35cmで丸々としており、0・6号のチヌ竿では少し無理があるような気がした。その後、引き潮に変わった15時からは、アジの入れ食いとなり、27cm前後の良型がアタったかと思えば、18cmゼンゴのゼンゴサイズまで食って来る始末。まぁ、この時期に退屈しない程度のアタリがあるので文句は言えない。圧巻だったのは16時頃、一気に「スパー」とウキが消えるアタリがあり、30cmのクロが釣れたかと思えば、次も同じように消し込むアタリがあり、重量感のある引きに耐えながらゆっくりと浮かしたクロを見てびっくり。タモを出したが、最後の締め込みでラインブレイクして1・2号のハリスでは無理なサイズだった。

それから1時間ほどの夕まずめにアジ釣りを楽しみ、「クロ釣りよりはアジ釣り」に変わってしまった日だったが、魚の引きを十分に楽しめた。アジは合計で31匹で、半分以上が25〜28cmと良型だった。早く集魚したいのであれば、マルキユー「グレパワーVSP」が非常に効果的だと分かったので、ぜひ使用してみては如何かな?

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード