TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

フィッシングロクマルチヌ釣り大会

2018年 12月 2日 18時頃

皆さんこんにちは。今年もそろそろ終わりに近づいてますね。そんな中、いつもお世話になっている地元の釣具店「フィッシングロクマル」さん主催の、チヌ釣り大会に今年も参加させて頂きました!

12月2日、長潮。大会当日、この日は夜明け前から釣り場へ向かい場所取りをします。例年と同様に九州電力裏のテトラ帯で竿を出します。徐々に気温・水温も下がっているので、チヌも底周辺に居着いているだろうと思い、まずは固定仕掛けで釣りをします。2Bの円錐ウキにハリスを2ヒロと少し長めにとり、タナを竿1本半と宇島港の定番で狙います。

今回のマキエは、沖アミ生1角に「カラーチヌ」を1袋、ムギ半袋。ツケエは市販の加工エサとブロックからとった沖アミ生の2つを用意します。早速マキエを打ち、仕掛けを投入します。潮の流れを読みながら、仕掛けとマキエを同調させます。開始2投目にウキが沈みます! すかさずアワセを入れて、すんなり上がって来たのは手の平サイズのメイタです。今年は手の平サイズが多いと聞いていたので、やはりこのサイズが多いのだなと思いました。

再び仕掛けを投入し、マキエを追い打ちします。僕の場合、先に仕掛けを投入してからマキエを打ちます。マキエは1点に集中させるのではなく、むしろ広範囲に打ちます。できるだけ周辺からも集魚したいからです。ただ、この後も竿が曲がりますが、サイズは手の平ばかり。ここで固定仕掛けから全遊動仕掛けに替えます。周囲の釣り人の様子を見ると、思った以上に水温が高いからなのか、中層付近でもアタリが出ていたので、幅広いタナを探るためです。

0号のウキに道糸とハリスを直結して、ガン玉は付けずにツケエの重みだけで沈めていきます。開始すぐにラインが走ります。今度は引きも強く型も良さそう。上がって来たのは30㎝超えのメイタです。今日初めてタモを使い、無事にゲット。その後2枚程良型を追加して検量に持ち込みます。

「フィッシングロクマル」さんにて検量をしてもらうと、2枚の総重量は761gでした(笑)。安定の宇島重量です(笑)。参加者が集まりソワソワする中、結果発表。今年は10位以内にも入れませんでした(笑)。小型が目立ったので、微妙な争いとなりました。上位3名の方々おめでとうございます! 僕も来年こそは優勝を手にしたいです。天候にも恵まれ、参加者の皆さん全員がケガなく大会ができたことが、何よりの嬉しさです。これから本格化して来る宇島港のチヌ釣りを皆さんで、一緒に盛り上げて行きましょう! 参加者の皆様、運営者様、お疲れ様でした。

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード