TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : (この会員は退会済です)

Residence :

Club :

Pride :

全九州釣りライター協会主催「懇親釣り大会」

2018年 12月 8日 15時頃

12月8日、大潮。朝の冷え込みもだいぶ厳しくのなり始めたこの日、全九州釣りライター協会の懇親釣り大会にお邪魔させて頂き、米水津の海へと釣行に出かけました。今回の大会では、クロ、チヌ、マダイ3 魚種の総重量による検量です。また、3 魚種揃わなかった場合は、2魚種あるいは1魚種3枚の重量で、魚種を多く揃えた方が優先という面白いルールのもと行われました。

朝の開会式と瀬上がり順のくじ引きを終え、いつもお世話になる「功明丸」さんに乗り込み、瀬上がりしたのは「押出の大バエ」です! ここ押出周辺は、渡船基地から最も近い磯群ながら、50cm近いクロやチヌ、40cmクラスまでのオナガ、良型モイカなどが狙え、非常に面白い釣り場でもあります。クジ引きの結果、今回一緒に釣りをさせて頂くのは、釣研FG東九州支部でもお世話になっている那賀さんです。この日は暗い内に上磯したため、早速モイカ狙いでエギング開始。強風でエギを投げられる場所が限られる状況でしたが、釣っていると小さいながらもヒットです! 美味しいお土産を確保し、辺りも明るくなって来たところで、フカセ釣りの準備に取り掛かります。

今回のマキエは沖アミ生4角に、愛用しているマルキユーの「グレパワーV9」、「超遠投グレ」、「遠投ふかせスペシャル」、「爆寄せグレ」、の配合です。強風の中でも「超遠投グレ」や、「遠投ふかせスペシャル」を配合することで、バラけることなくピンポイントに遠投することができるので、非常に使いやすいですね。また、大きな粒が多量に入っている「爆寄せグレ」を入れることで、目立つ物に良く反応する米水津名物のキタマクラなどハギ系のエサ盗りを避わす効果も高いため、私は必ず配合するようにしています。

クロを狙うための仕掛けは、「がま磯アルマ1・25号/50」に、道糸がサンラインの「ビジブルマーキー/1・5号」、ハリスも同社の「トルネード コング/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/5号」をセット。まだ水温が高いため浅いタナを意識し、7mのハリスに釣研の「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒でウキ下を調整できるようにします。

早速、状況を探るため竿2本ほどの場所へ狙いを定め開始すると、すぐに30cmクラスのクロがアタって来ます。しかし、同じように釣っても中々続かず、たまにハリも無くなります。どうやらキタマクラの登場のようです。そこで、ポイントを3ヶ所ほど作り、釣り分けていく作戦に変更します。すると、キーパーサイズから30cm前後のクロが入れ食いになります。想像以上にクロの活性が高く、タナも浅いようです。

那賀さんと共にクロの数釣りを楽しんだ後、今度は型狙いに変更です。ハリスの真ん中付近にガン玉G5を1つ打ち、3ヶ所のうちの1ヶ所を風に乗せて30m以上遠投させてみます。すると2投目…、道糸が勢いよく弾け飛びます! すかさずアワセを入れると、今までにない重量感! 数度の締め込みに耐え、タモに収まったのは、良く肥えた30cm後半のクロでした! 久しぶりの良型グロに喜びながらも次を狙いますが、ハリ外れや釣ってもキーパーサイズに満たないなどに悩まされ、中々サイズアップが出来ません。

そこで、那賀さんと共に、チヌとマダイ狙いに変更します。ウキを釣研の「スーパーエキスパートUE/0c」へ変更し、からまん棒の下とハリスの真ん中にガン玉G4を打って釣り再開。しかし、クロの活性が高すぎるのか、ツケエがなかなか残りません。遠投やマキエとズラしたり、ツケエをボイルにしてみますが、どれも効果がありません。時間だけが過ぎて、納竿時間が近づいてきた時、那賀さんが大きくアワセます!

今回はクロの引きとは違う様で、慎重にヤリトリをしながら浮いてきたのは、綺麗なピンク色の魚体! 苦労して釣り上げた価値あるマダイに喜びも倍増の那賀さん! その後は私も、マダイとチヌを狙い続けましたが、姿を見ることなく納竿となってしまいました。今回の大会では、予想通り磯でのマダイやチヌを釣ることが厳しかったようです。クロは全体で40cmオーバーは1枚だけとのことで、数は釣れていたものの、小型から中型が多いことから、まだ水温が高いことが原因かも知れません。年末にかけては日増しに状況が良くなって行くと思われますので、これから良型グロが釣れ出すことに期待ですね。皆さんも防寒対策をしっかりと行い、良型のクロを狙って冬の磯へ出かけてみてはいかがでしょうか!

釣研FG東九州支部/藤本祐一郎

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード