TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ボートシーズン到来!蒲江波当津でキス釣り

2010年 5月 15日 12時頃

5月15日、大潮。午前6時、脇さん一行は大分県最南端・波当津に到着。この日のターゲットは、春から秋にかけての波当津の人気ターゲットのキス。大分県下では一足早くキスが活発化し、数も型も実績がある。ハイシーズンの休日にはたくさんのボート釣り愛好家が訪れる、超A級ポイントとして有名だ。到着後、すぐに港のスロープに車を停車し、手慣れた感じで車の天井に積んでいた2馬力ボートを降ろしていた。

「『FRP素材の3mボートの積み降ろしは、1人でできないのでは?』とよく聞かれますが、ボート積載用のキャリアバーがあれば、1人で問題なく作業できますよ。キャリアバーにはゴムローラーが付いているので、その上をスライドさせるだけで、簡単なのです。ただし、1人で海まで運ぶ際は、ローラーが必要です。私の場合、家での積み降ろしは一人、釣行は必ず複数なので、ローラーを付けていません」(脇さん)。

波当津港から、脇さん一行が出港。まずは、水深10mのポイントを攻める。すぐに20㎝級のアタリを捉えたがアタリが続かず、今度は水深3mの浅場に移動。ここではキスのアタリが頻発したが、フッキングしない…。脇さんは「アタリと同時に即アワセ」のパターンから、「アタリ↓送り込んでからアワセ」に変更。それによりフッキングするようになったが、それでもまだ素バリが頻発。午後5時まで粘って、釣果は2人で40匹と、波当津のボート釣りにしては、やや寂しい内容であった。

「まだ、キスの食いが本格化していないせいか、引ったくるアタリがあっても、フッキングしませんでした。昨年の今時期は、アタリがあればほぼフッキングしていたのに…。今年のキスの動きは昨年に比べて遅れているようですが、釣ったキスは抱卵している個体が多く、すぐによくなっても良さそうに感じますね」(脇さん)。

ボート釣りには絶好の、好天続きの5月です。小型ボートは天候のちょっとした変化で、すぐに危険と隣り合わせになります。当日の天気予報はもちろんですが、刻々と変化する、現地の天候に柔軟に対応して安全釣行を心掛けましょう。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード