TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津イワシバエでクロ釣り

2018年 11月 30日 15時頃

少し前になりますが、去年の11月後半の釣行のお話です。11月後半は寒暖の変化により、朝方は非常に寒い日が続いていました。いつもお世話になっている「政進丸」にて米水津に足を運び、早朝7時の出港で向かった先は「イワシバエ」。ここ「イワシバエ」は、米水津エリアの中でもワンドの奥に点在する磯で、エサ盗りが多いことはもちろん、特にゼンゴが多い場所でもあり、ストイック? な釣り人に人気のフィールドです。同行したのは、会社の釣り仲間でもある工藤さんと、毎度お馴染みの中川君です。

使用したマキエは、沖アミ生4角にマルキユーから新製品として発売された「グレパワーVSP」を使用。さらに追加の集魚剤は「グレパワーV9徳用」、「爆寄せグレ」、「グレパワーV9スペシャル」です。米水津特有のエサ盗り対策ができるよう、上から下まで幅広い層が狙えるイメージでチョイスしました。仕掛けの方は、竿にがまかつ「インテッサGⅤ/1号5m」に、道糸とハリスが共に1・5号、ウキはいつも愛用している釣研「エイジアマスターピース/01」を選び、ハリはがまかつ「競技口太ケイムラピンク/4号」です。「イワシバエ」は潮が緩いので、ゼンゴ以外にもキタマクラも非常に多く、いかにしてツケエを目立たせないように沈下できるかが、釣果を大きく左右します。それも考慮しての4号バリなのです。

準備ができたので、まずはマキエを足元に打ちます。予想していた通り、無数のエサ盗り達が現れます。エサ盗りの種類は目視できる範囲でキタマクラ、ブダイ、スズメダイ、ゼンゴ、ハコフグ、カワハギです。しかし、その下をじっくり見ていると青い魚体を発見! クロ(口太)です。やはりエサ盗りの下には本命のクロがいるのだと、期待が高まります。

まずは1投目、足元にマキエを打ち込み、エサ盗りが確認できたら10m沖のポイントにマキエを打ちます。仕掛けの投入はマキエのど真ん中をイメージし、丁寧に投入します。1分ほどでウキが馴染み、「そろそろくるかなぁ〜」と思いながらアタリを待ちますが、反応はありません。仕掛けを回収すると見事にキタマクラにツケエを盗られていました。

そこで2投目は先ほどのポイントより10m程潮上に投入します。投入先は朝日が眩しくウキを目視する事ができなかったので、ウキでは無く道糸に集中します。すると竿先のノの字を描いた道糸が一瞬だけ一直線になったので、すぐにアワセを入れます。中々の重量感を感じつつ、ヤリトリの途中でクロ特有の引きと突っ込みから本命と確信。慎重に浮かせます。2投目にして42cmの良型グロを手にすることができました。

その後、8時を過ぎて満潮から下げ潮に変わり、ゼンゴの猛攻に苦戦しながらも30cm程のクロをポツポツと釣りました。少し休憩し、工藤さんと中川君の釣りを見ていると、エサ盗りを上手に避わして二人とも本命のクロを釣る事ができていました。これで全員安打となり安堵します。2人共ゼンゴやエサ盗りが多い中、見事な釣技でした。

さて、今回初めて使用した「グレパワーVSP」ですが、沈下具合、拡散具合、遠投具合を総合して、今回のブレンドは私の理想的なマキエになったと思います。中でも「MSP(マルキユー・シンクロ・ペレット)は沖アミをイメージしているため、ここ米水津のエサ盗り対策にも抜群の効果があり、全体的なカモフラージュをすることで、本命に近づく確率がグーンとアップし、クロにツケエを届けることが可能になると感じました。今後の必須アイテムの一つとなりそうです。

釣りの方は、休憩を繰り返しながら釣って行きますが、相変わらずゼンゴの猛攻が消えません。そこで沖にゼンゴを寄せ、足元の小さい範囲でスズメダイ系統のエサ盗りを分離します。沖にゼンゴ用のコマセを10パイ打ち、足元のスズメダイには潮上方向に4ハイ打ち、本命用には1パイのマキエで瀬際を攻めます。

エサ盗りの状況を確認しながら仕掛けを投入します。良い感じにハリスが馴染みウキに集中していると、潮受ウキゴムとウキが一気に消し込みました! すぐにアワセを入れます。掛かった瞬間、かなりの重量感で何度も突っ込みますが、竿の力を信じて何とか耐えます。足元の沈みをうまく避わしながら上がって来たのは、43cmの良型グロでした!エサ盗りの種類や数に応じて様々な対策を考え、試行錯誤の結果出た答えは、本当に嬉しく思う瞬間です。遠近分離対策だけでなく、小さいエリアでも分離ができるよう常日頃から魚の状況・習性を学ぶことが、小さなチャンスを物にできる鍵だと思います。今回はうまくいっても、次回はうまくいかない場合もあります。それがまた釣りを面白くするのです。今回は、様々なアプローチでクロを狙い、結果的に釣果としては40cmオーバー3枚を筆頭に、トータル10枚程のクロを手にすることができました。

ここ「イワシバエ」は、確かにエサ盗りが多い、でも、それがまた釣り人を魅了するのだと思います。今回は3人とも無事本命のクロを釣ることができたので、充実した休日を過ごせました。これからの米水津一帯は、徐々に寒グロ傾向になってきます(本誌が発売された頃には、もうなっているかも知れません)。皆さんも自分のスタイルで磯釣りを楽しんで頂きたいと思います。私も可能な限り磯へ足を運び、日々クロ釣りの勉強したいと思います。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記
ここ「イワシバエ」は、確かにエサ盗りが多い、でも、それがまた釣り人を魅了するのだと思います。今回は3人とも無事本命のクロを釣ることができたので、充実した休日を過ごせました。これからの米水津一帯は、徐々に寒グロ傾向になってきます(本誌が発売された頃には、もうなっているかも知れません)。皆さんも自分のスタイルで磯釣りを楽しんで頂きたいと思います。私も可能な限り磯へ足を運び、日々クロ釣りの勉強したいと思います。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード