TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2018年末米水津で釣り納め

2018年 12月 30日 15時頃

12月30日、小潮。寒さも一段と厳しくなり水温が下がり始めたこの日、米水津の磯に釣りに行ってきました。同行者は釣研FG東九州支部でもよくお世話になっている辻島さんをお誘いし、釣り納めにお付き合いしてもらいました。今回もいつもお世話になっている「功明丸」の4時便に乗り込み、渡してもらったのは昨日好釣だったという丸バエの地です!

この日は、年末の寒波の影響で強風と冷え込みが厳しかったので、まずはお湯を沸かし2人でカップラーメンを食べることにします。磯の上で食べるカップラーメンほど美味しいものはないですね。体も温まり、日が上がるまで時間があるため、エギングでモイカを狙います。しばらく探ってみますが、中々アタってくれません。一通り探った後に、少し時間をおいて辺りが薄暗くなってきた時に再び狙ってみると、待望のアタリです! 小ぶりながらも年末の嬉しいお土産(モイカ)が確保できたところで、フカセ釣りの準備に取り掛かります。

今回のマキエは沖アミ生4角に、愛用しているマルキューの「グレパワーV9」、「超遠投グレ」、「遠投ふかせスペシャル」、「爆寄せグレ」をそれぞれ1袋ずつの配合です。この日は非常に風が強かったため、「超遠投グレ」や、「遠投ふかせスペシャル」を配合することで、バラけることなくピンポイントに遠投することができ、非常に使いやすいマキエになると思います。

仕掛けは、「がま磯インテッサG5/1号・50」に道糸はサンラインの「ビジブルマーキー/1・5号」、ハリスも同社の「トルネード コング/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/ 5 号」をセット。まずは強風対策と上のタナから探っていくため、10 mと長めのハリスに釣研の「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒でウキ下を調整できるようにします。

まずは、目の前にある瀬の周辺から探っていると、1投目から竿引きのアタリです! しかし、相手が大き過ぎたのか、一度もリールを巻くことなくバラシてしましました。

気を取り直して2投目。再び竿引きのアタリがあるものの、上がってきたのはイトフエフキ…。さらに次の1投からアタリが無くなってしまいました。手前や遠投、ガン玉調整で底付近まで探ってみますが、中々ツケエが盗られません。2時間ほど粘ってみたものの、状況の変化がないため、再びエギング再開です。すると、足元に寄せてきたエギに3、4ハイのモイカがついてきました!単純なシャクリでは中々乗ってこないため、足元でしつこく焦らしているとゆっくりと近づいて来て抱き込みます。いつ見てもこの瞬間はドキドキしますね! 同様に場所を変えながら探っているとポツリポツリとアタってくれます。すると、フカセ釣りで粘っていた辻島さんに待望のアタリです! 上がってきたのは30cmオーバーのクロ! すぐに私も再開すると、再び辻島さんにヒットです! しかし、この2枚を釣り上げた後、再びアタリが遠のいてしましました。どうやらクロのタナは浅くないようで、竿1本半ほどでアタっているようです。

そこで、ウキを釣研の「スーパーエキスパートUE/0c 」へ変更し、からまん棒の下とハリスの真ん中にG5を打ち、釣り再開です。強風や魚のタナが深い場合は、潮に良く馴染んでくれるこのウキが非常に助けてくれますね。再開すると、仕掛けを投入して1分半ほどでゆっくりと道糸が伸びていくアタリです! すかさずアワセを入れると、数度の締め込みに耐え上がってきたのは35cmクラスのクロです!貴重な1尾に喜びと安心しながらも次の1投を開始すると、再びアタリです! しかし、一気に糸が引きずり出され切れられてしまいました。どうやらクロでは無かったようです。しかし、その後も再びアタリが無くなってしまいました。

しばらく粘っていると、潮替わりの時間が訪れ、引き潮が流れ出した時、再びアタリが出るようになってきました! この日はどの魚もタナは深く、竿1本半前後でアタって来ます。クロのサイズも同様で30〜35cmクラスが多いようです。

その後も同様の仕掛けでバラシがありながらも、2人でポツリポツリとクロの引きを堪能し2018年釣りの締めくくりとなりました。

今シーズンの米水津では年末辺りから本格的に水温が下がり始め、良型グロのアタリが増えてきたようです! また、引き潮でのアタリが多いようで、日や場所によっては20枚以上の釣果に恵まれることもあるようです。皆さんも本格的にシーズンインした磯へ魅力的なクロの引きを求めて釣りに出かけてみてはいかがでしょうか!

T・CLUB / 釣研FG 東九州支部 藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード