TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

元旦から思わぬ巨大魚がキタァー!

2019年 1月 1日 14時頃

皆様、新年おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。タチウオハンターとして、これまでタチウオを追いかけてきましたが、昨年11月中旬にて盛り上がりもないままシーズンが終了しました。昨年の釣果は319本、これまで最低な成績で2018年度は終わりました。沖の船釣りのタチウオは釣れていますが、ここ数年ショアからのタチウオはほとんど釣れなくなりました。なぜ接岸しなくなったのか…、海流のせいなのか、それともベイトのせいなのか、はっきりとは判りませんが、今年こそはタチウオ釣りが盛り上がることを期待しています。

そんな状況の中で、昨年11月下旬から年末にかけて盛り上がった釣りがあります。それは「サゴシゲーム」。地元ではこれまでサゴシ・サワラの群れの接岸はあまりなかったような記憶があります。それが市内のどの港でも50〜60cmほどの立派なサゴシが釣れ続きました。しかも未だに釣れ続けています。釣り方は簡単、ジグかミノーをキャストすれば一発で食ってきて、青物らしい強烈な引きで楽しませてくれます。ただ、その食わせる過程が難しいし、面白いのですよ。

サゴシは群れでベイトを追って高速で回遊していますので、誘い出し等で食ってくる魚ではありません。いかに群れの中にジグかミノーを投げ込むかが勝負です。そのためにはキャスト精度と飛距離が釣り上げるための絶対条件となります。まずナブラが起こったら、大概サゴシは海面を跳ねますので、頭の向きが右か左かを見て右だったら右前方へ、左だったら左前方へと群れの移動を予測しながら正確にキャストすれば必ず食ってきます。

岸寄りでナブラが起こればいいのですが、ほぼ岸から100m以上のとこを移動してますので、仕掛けを飛ばさないと、いつまでたっても釣れないというジレンマに陥ります。つまり飛距離が重要で、我慢の勝負となります。ただ、届かないところを移動していても、一瞬岸寄りに近づく時が必ずあります。そこを逃さずジグやミノーを入れ込めば釣果が出ます。

タックルはシーバスロッドのMサイズで十分です。Mサイズだと十分タモを使わず抜き上げることができます。長さはやはりロングキャストが必要となりますので9ft以上がいいと思います。リールは3000番か4000番のハイギアタイプ、ラインはPE1〜1・5号あたりが重たいジグ等を投げやすいと思います。リーダーはサゴシカッターがありますので、太めの30〜40ポンドが安心感があります。高価なジグやミノーのロストが怖い人は、ワイヤーを使った方がいいかもしれませんが、やはりタチウオと同じで食いが落ちます。

そんなわけで昨年の12月から本格的に始めたサゴシゲーム。釣果は今現在で31本、ほとんど60cm台の立派なサゴシで、たまに70cmオーバーのサワラサイズも来るので十分に楽しめました。

そして2019年になって、恒例の寒ブリの季節になりましたので、サゴシゲームはちょっと置いといて、正月にブリ釣りへ出撃! なんとか正月用にブリの新鮮な刺身を頂こうとトライしたのですが、元旦からやらかしましたよ(笑)。ガツン! とジグをひったくって走り出し、ドラグ音鳴りっぱなし! 一気に10m以上はラインが出ていきました。

最初の走りからこれはブリが掛かったと思い、慎重にヤリトリしたのですが、途中から走らないで下へ下へと引いて竿を叩くようになり、これはもしかしたらと思ってやっと浮かせた魚を見て驚愕しました。ありえない大きさの魚でした! この様子はユーチューブにアップしていますので、どうぞご覧下さい。
「元旦からまさかの巨大魚が!」https://www.youtube.com/watch?v=BGcB5A-kvJI

上がってきたのは体長80・2cm、6・3㎏のマダイでした! 市内の港でこの大きさ! しかも元旦と、まさに奇跡です! ちなみに我家の三女が小学1年生の時、同じ港で体長80・5cm、6・2㎏のマダイを釣り上げています。親子で一生のうち巡り合うか判らない大きさのマダイを釣り上げることができました!

近場の港でこれほどの魚が釣れる! 夢のような釣り場が市内にはいっぱいあります。皆様も夢を叶えるため、今年も頑張って釣りへ出かけましょう!
上がってきたのは体長80・2cm、6・3㎏のマダイでした! 市内の港でこの大きさ! しかも元旦と、まさに奇跡です! ちなみに我家の三女が小学1年生の時、同じ港で体長80・5cm、6・2㎏のマダイを釣り上げています。親子で一生のうち巡り合うか判らない大きさのマダイを釣り上げることができました!

近場の港でこれほどの魚が釣れる! 夢のような釣り場が市内にはいっぱいあります。皆様も夢を叶えるため、今年も頑張って釣りへ出かけましょう!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード