TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

遠征ティップラン釣行目指せ2kgOVER

2019年 1月 8日 13時頃

1月8日、中潮。「状況やポイント次第で2㎏アップのモイカも狙える状況になってきましたが、時折500gクラスのモイカもアタって来ます(笑)。どんどん産卵期のズレが進んで、大・中・小のモイカが交じりでヒットする状況です」と、困惑気味なのは、ティップラン・エギングを楽しませてくれる臼杵の「ブルースFS」の船長。例年であれば、年明けとともに、タイラバ釣行に切り替えるのだが、「今年は遠征ティップランを敢行します!」と鼻息が荒い。というのも、前述した通り、環境の変化によるモイカ・シーズンのズレやお客様のご要望などを考慮した判断。県内でティップラン・エギングを楽しませてくれる船が少ないだけに、我々釣り人には、大歓迎である。遠征と銘打っているだけに、臼杵湾にとどまらず、釣れるポイントへ案内してくれるのだが、その分料金が上乗せされるのは致し方ない。それでも、陸っぱりではなかなか難しくなっているエギングだけに、沖でキロオーバー、下手をすると2㎏クラスが狙えるだけに、夢が膨らむ。

そんなティップラン・エギングであるが、これに機に少々おさらいしておきたい。基本的には、船を流しながらモイカを狙うのがティップラン・エギング。水深も15〜40mほどを狙うこととなり、ある程度感度のいいロッド(できればティップラン専用ロッド)が必須となる。また、使用するエギも、通常のエギではなく、ティップラン専用エギを準備すること。この2つだけでも最低限揃えていないと、せっかく船に乗ってもアタリが分からかったといった状況を招いてしまう。

ティップラン専用エギは、30〜40g前後のエギを数種類準備すること。その日によってアタリカラーが変わるは、通常のエギングと同じだ。また、潮次第ではお助けリグが効果的となるケースもあるため、通常のエギも準備し、潮が素直に流れる時に試してみることもお忘れなく…。ポイントに着いたら、確実にボトム(底)を取ってから釣りをスタートすること。この時、できるだけカウントして、おおよそどのくらいのカウントでボトムまで落ちたかを掴んでおくと、次の攻め手を考えやすくなる。エギが着底したら、まずは大きくシャクリモイカにアピルする。リズミカルに4〜5回ほどシャクりながら、モイカのアタリを待つこと。アタリはエギをステイさせている時は、フォール開始時に現れることが多いので、その時のラインの変化を見逃さないように心がける。再び着底したら、同じことを繰り返しながら、モイカのアタリを探るといった寸法だ。

モイカがエギに抱きつくと、必ずラインとティップ(竿先)に変化が現れる。ティップが引き込まれたり、跳ね上がったりするのはアタリの可能性が高いので、シュッと軽くアワセる。激しくアワセると身切れするので注意が必要。特に今季は良型モイカに交じり、中型モイカのアタリもあるので、身切れに注意しながらアワセのタイミングを待ちたい。「ポイントや状況にもよりますが、水温の低下にともない、アタリが小さいことが多いようです。ただ、小さなアタリほど良型のケースも多いので、シャクリの後やフォール前には集中してアタリを逃さないようにしてください」とは、ブルースFSの船長のアドバイス。

しばらくはこの遠征ティップランを行う予定の同船。まずは、連絡して、釣行スケジュールや近況を聞いて、予約を入れて欲しい。また、遠征と銘打つだけに、移動時間は長くなるため、防寒対策は十分に行って欲しい。寒い中出港するだけの価値は確実にありそうだ。

写真提供=ブルースFS TEL090・9720・7207

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード