TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 長崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

しょごたんのルアーフィッシング出た!13kgのブリ

2019年 1月 6日 13時頃

皆さんこんにちは!しょごたんでございます。さて、今回が2019年1発目のコラムという事なのですが…、今回は1月6日に長崎県は平戸まで友人達と「巨大青物」を狙いに行った時のことをレポート致します!

実は昨年から長崎の海に、夢を求めてちょくちょく行っているのですが、この日はかなりドラマティックな展開が待ち受けていました。僕が平戸を訪れた時に使うのが「丸銀釣りセンター」さんです。丸銀さんは、宮之浦周辺〜五島列島まで幅広い瀬渡しに対応してくれ、待合い所も、船内も快適なのでおススメですよ!

この日、僕らが選択したエリアは、宮之浦周辺の沖磯です。朝4時に出港して上げてもらったのは「島の裏側」という瀬で、昨年末には9㎏クラスのヒラマサがキャッチされている実績場です!瀬に到着して、準備を済ませたら夜明けと共に釣り開始です!この日は、上げてもらった場所がワンド状の地形をしているので、青物がベイトを追い込んで来ると予想しました。そんな場所ではヤル気満々の青物が入ってくることが多いので、トップウォータープラグで攻めます!まずセレクトしたのは「ライザーベイト015P」です。圧倒的な飛距離と、ライザーベイト特有の早巻き戦略で、広範囲をスピーディーに探っていきます。

しかし、ライザーベイトでは反応無し。なので、ルアーをローテーションさせていくのですが、この時に大事なのが、ルアーのサイズ感や形状、アクションの違いを試しながらローテーションしなければならないのです。この日、私が用意していったルアーは大きく2つのサイズに分けることができます。14〜16cmの通常サイズ、そして19cmクラスのビッグサイズです。

通常サイズは、写真①の上から「別注平政160F」、「ヘッドディップ140F」、「ライザーベイト015P」で、スリムボディやファットボディ、そしてライザーのような変わり種を用意しました。ビッグサイズは、左写真②の上から「別注平政190F」、「ディップダイブ190F」、「モンスタードライブ190F」を用意しました。

一見、20cmクラスのビッグプラグは、そう簡単に食っては来ないと思われがちですが、水面が波け立つことの多い沖磯では、ビッグプラグのアピール力が必要な場面というのが多いものなのです!そして、この日はビッグプラグが炸裂した日でした!徐々に風が強まり、波が大きくなる海に対して「別注平政190F」をチョイス!思いっきり風がぶち当たる瀬周りを探っていたら水面爆発!しっかりとフッキングをして、ゴリ巻きで主導権を魚に渡さずに一瞬でねじ伏せた!キャッチしたのは8㎏クラスのブリ!非常に油が乗っていて旨そうな個体…、おっとヨダレが。

ビッグプラグが正解だと思い、友人にそのことを伝えると、すぐに友人にマグナムサイズが!なんと、1mオーバーの13㎏クラスのブリが飛び出しました!余りのデカさと太さにこっちも震えましたよ…。長崎の海、恐るべし。そして、この日はこれにて納竿。帰宅してブリを刺身にしてみたら、あり得ないほど脂が乗っていて、全身トロじゃないかという美味しさでした!

それでは、最後に今回使ったタックルをご紹介させていただきます。ロッドが「ラグゼチーター100XXH」、リールが「バイオマスターSW10000XG」、ラインがPE4号&ナイロン100lbのリーダーです。さあ、次回も更なる大物を求めていきますよ!しょごたんでした!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード