TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

上浦の地磯でクロ釣り

2019年 1月 12日 14時頃

1月12日、小潮。水温が下がり、寒グロの便りが多く聞こえ出したこの頃、上浦の地磯にクロ釣りの練習に行ってきました。今回の同行者は、大会でもプライベートでもよくお世話になっている大好きな先輩の1人でもある中川さんです。

この日はゆっくりと出発し、上浦に到着したのは昼前。空いているポイントを探しながら、しばらく車を走らせると、道路端を少し降りて行った地磯に良さそうなポイントを見つけました。ここは水深も竿1本ほどで、瀬も各所に見られることから、クロが居ついているだろうと考え、釣り開始です。

今回のマキエは、地周りということで、浅ダナを意識しながらも遠投が出来るように、細かく砕いた沖アミ生2角にマルキユー「超遠投グレ」、「グレジャンボ」、「浅ダナグレ遠投」の配合で丁寧に混ぜ込みました。ここは水深が竿1本程度のようだったので、仕掛けは7mのハリスに釣研「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒でウキ下を調整できるようにしておきます。竿は「がま磯アルマ125/50」に、道糸がサンラインの「ビジブルマーキー/1・5号」、ハリスも同社の「トルネードコング/1・5号」を、ハリはがまかつ「ファイングレ/5号」のセットしました。

まず1投目は10mほど先にある瀬をダイレクトに狙ってみます。地磯や波止では最初のマキエに型の良いクロが湧くことが多くあるため、私は1投目はエサ盗り用のマキエは打たず、クロが出そうなポイントをダイレクトで狙うようにしています。そしてその1投目…、仕掛けが馴染んだ頃に、からまん棒がゆっくり動くアタリです!すかさずアワセを入れると、いきなりの25cmオーバーのキーパーサイズのクロが釣れました。

どうやらクロの活性は良いようで、エサ盗りが集まらない内にすぐに次を狙います。これをしばらく続け、2人でキーパーサイズを5枚ほど釣ったところで、ようやくツケエが盗られるようになりました。少しマキエから外れると、ゼンゴやスズメダイにツケエを盗られたり、マキエに同調出来ても素バリを引いたりと、なかなか思うように行かなくなります。しかし、小さなアタリでツケエが潰れたようになって返って来ることから、数回に1回はクロがエサを盗っていることが確認できます。

この日は曇天で、からまん棒やウキが非常に見え難く、アタリが取り辛いことから、中々ハリ掛かりさせることが出来なくなります。そこで、以前から気になっていた当たりウキを試してみることにしました。小型でスリムな形状の釣研「トーナメントセンサー/0号」をハリから2ヒロ弱のところに付けて再開です。海面からわずかにウキのトップが見えるので、小さなアタリが見て取れるようになります!どうやらツケエを咥えてはすぐに吐き出しているようです。そこで、当たりウキの特性を生かして、早掛け作戦に変更です。すると、今まで掛けれなかった魚が、テンポよく掛かるようになってきました。

しばらく2人で中型グロの数釣りを楽しんでいると、またもやクロの活性が落ち、ツケエが残るようになって来ました。そこで、場所を休憩する意味も込めて、お昼ご飯を食べることにします。15分ほど釣り場を休め、釣り再開。休み明けの1投目は型の良いクロがアタることが多いので、丁寧にマキエと仕掛けを同調するように意識します。すると、手元まで来るほどの激しいアタリ!水深が浅いため、瀬に張り付かれながらも上がって来たのは、本日最大の34cmのクロです!そこまで大きくはないものの、狙って釣れた1枚は非常に嬉しいですね。

その後も30cm前後のクロにカンダイ、夕まずめには25cmクラスのアジも釣れ、非常に満足な釣行となりました。今回は大型のクロは釣れませんでしたが、大分県内の波止や地磯では50cmクラスのクロの実績があるポイントも多くあります。特にこの時期はエサ盗りやコッパグロが減り、大型が狙いやすくなることから、意外な場所での価値ある1尾に出会える確率が高くなると思われます。また、良型のアジや青物、マダイなど釣って嬉しい魚が回遊してくることが多いので、思わぬ釣果に恵まれることもあります。皆さんもぜひ、釣行に出かけてみてはいかがでしょうか。

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード