TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

良型サバ・アジ・マダイ・寒グロetc…

2019年 1月 26日 14時頃

1月26日、中潮。佐伯市蒲江では初雪となったこの日、チーム姫島さん一行が「増丸」に乗り込み、浮き流し釣りを堪能。前情報では、「潮によってアジ・サバが良かったり、マダイやクロが良かったりと変化が激しいので、どの魚種が来ても対応できるような仕掛けをご準備ください」とのことであった。とにかく寒い。海上は風を避けるところもなく、寒風が肌を刺すような寒さだ。

そんな悪天候も、仕掛けを流し始めると次々とアタリが出てくる始末で、気づけば食べ頃サイズのマダイと、良型のサバやアジが入れ食い状態に…。全員安打の楽しい一日となったようだ。

「最近は蒲江特有の上り潮や下り潮の影響が日替わりでなかなか読めません。よって潮を見て、その日釣りやすい魚種に絞って狙うことになります。潮が良ければ、ご覧のような良型サバの数釣りが楽しめるなど、好釣果も期待できます」とは、増丸船長のコメント。

年末頃から南を流れる暖水波及の影響が強くなり、その潮が蒲江特有の上り潮や下り潮を発生させる。この潮の影響によって、一気に魚にスイッチが入る瞬間があり、それを逃さずに手返しよく仕掛けを流すことが数釣りのコツと言えそうだ。

また、29日にはブリもヒット!潮次第で青物の回遊もあり、まだまだ蒲江沖は各魚種が活発なようだ。「徐々に水温も低下していますので、これからは寒グロ狙いが上向いてくると思います。釣れるだけマダイやアジを狙い、その後は寒グロへシフトします。」と同船長。この釣果を見ると、釣りたくなってくること間違いなし!

写真提供=増丸TEL0972・42・0443

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード