TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

今年も開催FIRE CUP

2019年 1月 27日 14時頃

1月27日、小潮。今年も佐伯市米水津一帯で開催された「ファイヤーカップ」。田中修司さん率いる銘技会・主催のクロ釣り大会には、九州山口の各県から総勢135名が集い、それぞれの釣技を競い合いました。

この日は寒波の影響で水温が下がり、クロの活性も鈍っているのではとの予測が多い中、米水津一帯の磯に分かれました。私は「平瀬」に上礁。朝まずめの一発に期待していたのですが、あいにく潮と風が同じ向きという悪コンディション。思うようにタナが探れず、時間だけが過ぎてしまいました。どうにもこうにもアタリが取れない状況の中、船長から瀬替わりのお誘いがあり、即答。お次は「地の観音」に上がることができました。

ここで、どうにか3〜4ピロのタナで32〜42cmまでのクロを3枚揃えることができますが、それにしても潮が刻々と変化し、同じような流し方では、クロのタナまでツケエを届けることができません。おまけに竿1本以上入れてしまうと小型グロ、それ以上探るとバリのオンパレードと、狭い拾餌層に四苦八苦の状態です。あっという間に検量時間を迎えてしまいました。

帰港すると、思いのほか検量にクロが持ち込まれています。体感的には参加者の60%ほどは検量しているのではないでしょうか? それほど今期の米水津は釣れています。優勝は、3枚で4㎏オーバーの吉田(英)さん。「横島」周辺での釣果だったようです。この日は「横島」や「沖黒島」周辺で数釣り&良型グロを釣り上げた方も多く、クロ釣り最盛期を感じました。また、私と同様に一定しない流れに終始翻弄されたといった感想も多く、今後はこのふらつく潮に悩まされることが予想されます。

そんな検量も終わり、お待ちかねのトークショーです。当日参加していただいた猪熊さんと、田中さんの豪華なお二人のトークショーとなります。私が感じた一定しない流れの中、良型グロを釣り上げていた両氏ですが、猪熊さんから田中さんへ質問するといった形で話が進む中、田中さんの「いかに狙っているポイント(場所とタナ)にツケエを届けるか」といった話には、参加した皆さんが真剣な眼差しで聞き入っていました。もちろん私もですが…。

クロも釣れ、トークショーも楽しく、本当に有意義な大会だったと思います。参加していただいた皆さん、大変ありがとうございました。また来年も米水津でお会いできる事を願っております。

STT銘技会/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード