TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

3月3日 渓流解禁でヤマメ狙い!

2019年 3月 3日 18時頃

3月3日、雨。待ちに待った渓流釣りの解禁日。仕事の都合で1日には行けなかったため、この日に今年初の竿出しとなりました。急いで大分市内の釣具店に行き、ハリなどを購入。エサはブドウ虫です。店内では早くも「解禁日に尺ヤマメが出た!」などの情報が飛び交っています。今年の暖冬を考えると、ヤマメの活性もいいのではと想像しながら、大野川の本流へ足を運びました。

さすがに解禁を迎えた日曜日とあり、釣り人も多い。県外からの方もいるようです。空いた場所に釣り座を構え釣り開始。通常の渓流釣りであれば、入渓地点から釣り上がっていくことになるが、この日は流石に無理そう。じっくりポイントと思われる場所を丁寧にトレースするように心がけます。

仕掛けは、通常のエサ釣り仕掛け。ハリはヤマメバリの7号、ハリの上にジンタン7号を打ち、仕掛けが流れに負けずに沈むようにします。早速、第1投。サラサラと流れる水の音を聞きながら仕掛けを流す感覚も久しぶり! 周りを見渡すと、半年振りの渓流に無我夢中で釣りを楽しむ方々の様子が…。川に入った足からはジワジワと冷たい水の感触が伝わってきます。それでも暖冬の影響か、例年よりは温かいような感じを受けました。

流れにそってゆっくりとポイントをトレースする仕掛け。クルルッと仕掛けを揺らすアタリ! これはハリが大きかったのかエサだけ盗られてしまいました。再度エサを付け替えて投入。同じ場所をトレースすると、小型のヤマメがヒット! やっぱり水温が高めのせいか、食い気があります。

例年、解禁当初は水温が低いせいもあり、アタリも小さく、ヤマメの動きも鈍いのですが、今年は解禁当初からヤマメの活性が高そう。何度かポイントを変更した時、ググッと突然の竿引き! そのまま軽くアワセてみると、ずっしりとした重量。「掛かった!」。早る気持ちをおさえながら、慎重なヤリトリを開始。ゆっくりと魚を遊動すると、掛かった魚が反転して、ものすごい抵抗を見せてくれます。竿でためて抵抗をいなし、どうにかタモ入れ成功!体長27cmのまずまずのヤマメがヒット! 今年初のヤマメに少々鑑賞に浸ってしまいました。

その後も、アタリが続き納得の釣果を得ることができたため、少々早めの納竿。今年の渓流は例年よりも活性が高く、しばらくは数釣りが楽しめるのではないでしょうか? 逆に言えば、それだけすぐに魚が釣れてしまい、4月頃にはハイプレッシャーな状況になるのでは?

余談ですが、解禁日から大野川漁協さんの見回りを強化しているようです。皆さん、くれぐれも遊漁券を購入してヤマメ釣りを楽しんで下さい。

釣研FG大分県支部/田原和茂・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード