TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

忍耐・我慢の乗っ込みチヌ

2019年 3月 10日 10時頃

だんだんと春らしい暖かい日が続き、そろそろチヌの釣果が気になってきたので、佐伯市へ釣行してきました。同行してもらったのは、小野さんです。ドライブしながら色々な釣り場を見て回りましたが、北西の風が強い吹いているようで、釣り場の選択にかなり悩みました。唯一無風のエリアに午前8時ぐらいに到着し、早速釣りの準備をします。

本日用意したマキエは、沖アミ生2角にマルキユー「爆寄せチヌ」、「白チヌ」、「チヌベスト」を使用し、遠投が出来るようにしっかりと練り込みました。ツケエはエサ持ちがよく、遠投にも対応した「くわせオキアミスペシャル/L」に「特鮮むきエビ」、「高集魚レッド」を使用します。ハリの方は、とりあえず遠投して探ってみようと思い、ハヤブサ鬼掛「競魂チヌ/2号」を使用しました。準備ができたので、いざ釣り開始です。足元にマキエを打ってみると、スズメダイやネンブツダイがいるものの、あまり元気がない様子。潮の方は上潮と底潮ともあまり動いていません。まずはフルキャストして約30m先の沖のポイントを、沖アミメインのツケエで探ってみることにします。しばらく仕掛けを打ち返してみますが、沖アミは無事に残って返ってきます。沖アミから「特鮮むきエビ」→「高集魚レッド」とツケエを変更しながら探ってみますが、反応が無いまま、気がつけば時刻は12時になりました。

昼食を摂りながら、小野さんに状況を聞いてみるものの、小野さんもツケエが盗られないとのこと。場所変更も視野に入れましたが、風が無く竿出しできる場所が他に無さそうなので、結局この場所で粘る事にしました。たまにツケエを変更しながら釣り続けますが、状況は何も変わらず、刻々と時間が過ぎてすでに17時になっています。

すると隣の小野さんが「何にか来たよ!」と言うので見てみると、竿が大きく曲がっています。無事にタモに納めたのは、30cm級のアジでした。「30cm級のアジは羨ましい」と思いつつ、私もアタリを待っていると、道糸がすーっと走り、穂先に重みがあるアタリです! すかさずアワセを入れると、手元に良い感じの重量感があります。ロープに突っ込まれないように耐え、無事タモに納まったのは、45cm級のチヌでした! 諦めずに仕掛けとマキエを打ち続けた成果に嬉しく思います。

そして更なる釣果を求めて仕掛けを打ち返しましたが、残念ながら釣れたのはこの1枚のみ。日が暮れたこともあって、納竿としました。チヌはこれからドンドン状況が良くなってくると思いますので、皆さんも良型チヌを求めて釣行されてみてはいかがでしょうか?

チーム鬼掛大分支部/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード