TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2019マルキュースタッフ懇親釣り大会

2019年 3月 24日 16時頃

■日時/2019年3月24日(日)
■場所/大分県佐伯市(鶴見一帯)
■当日の状況大会当日は21名のマルキユースタッフが参加し、うち18人がエントリー(「チヌの部」に8名、「グレの部」に10名)。競技時間は6時30分〜13時。競技規定は「チヌの部が2枚以内、グレの部が5枚以内」の総重量。チヌの部の1位が2020年開催の「第8回Mー1カップ全国チヌ釣り選手権大会九州地区代表決定戦」の出場権を、グレの部の1位が2019年9月29日(日)長崎県宮之浦で開催の「第7回Mー1カップ全国グレ釣り選手権大会九州地区代表決定戦」の出場権を獲得できる。結果、「チヌの部」は副洋祐選手、「グレの部」は茂大樹選手が、それぞれ権利を獲得した。

■チヌの部
1位…副洋祐2枚3160g(大分県)網干場
2位…万里達也2枚2465g(福岡県)網干場
3位…松崎邦彦1枚1070g(長崎県)竹ヶ島

■グレの部
1位…茂大樹5枚3225g(宮崎県)元の間灯台
2位…藤井孝男2枚2815g(山口県)ダン鼻の四畳半
3位…黒木誠5枚2360g(宮崎県)元の間灯台


■副選手の仕掛け竿= 0 号ー5 m、リール=3000番、道糸=1・5号、ウキ=ワーV10白チヌ、沖アミ生2角ツケエ=スーパーハード(チヌ)、特鮮むきエビ、エサ持ちイエロー、食い渋りイエロー、高集魚レッド■副選手のコメント視覚効果を重視して、「チヌパワームギスペシャル(5種のムギでアピール)」と「チヌパワーV10白チヌ(濁り効果)」を選択。さらに高集魚効果で「爆寄せチヌ」もプラス。この3アイテムの配合エサをミックスすると、まとまりも良く遠投性も十分。釣り始めは「スーパーハード(チヌ)」と「特鮮むきエビ」を使用していたが、あまり反応がなかったため、ネリエに変更。すると開始90分くらい経過して1 枚目をゲット(食い渋りイエロー)。型狙いで「エサ持ちイエロー」と「高集魚レッド」のマーブルを大きめにしたダンゴを装着すると50㎝級のチヌを釣ることができた。

■茂選手の仕掛け竿=1号ー5・3m、リール=3000番、道糸=1・5号、ウキ=00号、ハリス=1・5号、オモリ=なし、ハリ=グレバリ4号

■茂選手が使用したエサマキエ=グレパワーVSP、遠投ふかせスペシャル、グレパワーV9ツケエ=スーパーハード(M)


■茂選手のコメント…配合エサは「グレパワーV9」をベースに、時期的にやや深めと判断して「遠投ふかせスペシャル」を、浅ダナから深ダナまでをゆっくりと探るために「グレパワーVSP」を配合。この3アイテムは相性がよく、よく粘りもでて遠投性に優れており集魚効果も抜群です。使用したツケエの「スーパーハード(M)」は遠投時にエサ離れしないことと、沈下速度がやや速いため、深ダナ狙いに適していると思い選択した。上り下り潮と両潮とも激流だったため、本流から外れているヨレをポイントとし、ヨレから本流に引き込まれる潮の壁にマキエとツケエの同調を意識して釣りました。時合い的にはお昼前後がよく釣れ、ヒットダナは竿1本強でした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード