TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

これからが最盛期!春のメバルを釣ろう!

2019年 4月 1日 0時頃

4月1日、若潮。桜が満開で見頃ですね。見頃なのに風が強い。せっかくの桜が散ってしまう。そして、せっかく色んな物が釣れ始めてるのに釣りに行けない。でも、風が強くても釣れるポイントを探して行ってきました。狙いは、最盛期のメバルです。

①潮通しの良い外海ポイント・・・本日の天気は、強風、波浪、雷、霧となんだか色んな注意報が出てます。とりあえず見るだけ見ようって事で、外海ポイントへ。ザパーン!波しぶきが堤防を越えてきています。何だか台風みたいだな。って事で、移動。

②静かな内海ポイント・・・少し風があるかなってレベルです。早速、準備してキャストしてみます。最盛期なので簡単に釣れると思い、ジグヘッド単体の釣りです。1gのジグヘッドに1・5インチのワームをセットし、キャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブ→プルッ。せっかくのバイトに上手くアワセれず、釣れませんでした。1投目からバイトがあるとは、活性が高いのかな。気を取り直し、再びキャストしてみます。するとすぐにバイト。しかし、またもアワセれず、釣れませんでした。そんな事を4回ほど繰り返し、やっと釣れたと思ったら、ピックアップ寸前にポチャッと海へ帰って行きました。釣り上げれなかったですが、メバルでした。でも、小さな小さな金魚メバルでした。金魚メバルがいっこれからが最盛期!春のメバルを釣ろう!ぱいなのでランガン。

③湾奥の潮通しが良い港・・・外海の荒れた海と違い無風、ベタ凪です。金魚以外のサイズが釣れることを祈ってキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブ→ プルッ! 今度は、上手くアワセれました。柔らかいソリッドロッドが曲がります。結構、強い引きで面白いです。釣れたのは、腹パンパンの回復メバルでした。エサを腹いっぱい食べているから、元気で引きが力強かったです。サイズ的には、16〜17cmと小振りですがね。湾内サイズ的には、アベレージですかね。1匹釣れたから休憩してジュースを飲んでると、海面がピチャッピチャッとライズしてます。フィーバータイム突入の合図です。キャストすると1投毎に釣れます。まあ、サイズは大小様々ですがね。私的には、釣れてくれるから楽しいです。そして、釣ってはリリース、釣ってはリリースを繰り返し、ある程度楽しんだので、他のポイントも気になりランガン。

④外海と内海の両方があるポイント・・・内海ポイントから投げてみます。やはり、1投目からヒットします。サイズは、安定の内海サイズですがね。何匹か釣って、外海に行ってみます。しかし、まだ風が強すぎるのでキャストすら出来ない状態です。やはり、今日は内海だなって事でランガン。

⑤完全な内海ポイント・・・チョイ風、ベタ凪。多分、釣れるだろうなって思いでキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブで無反応。あれっ?海面をよく見るとライズしています。そう言うことですね。キャスト→着水と同時にリトリーブでプルッ! 狙い通りメバルゲットです。ライズしてるから表層で食ってきます。逆に沈めると反応なしです。何投かしてリトリーブ中に良い引きをするのがヒットしました。20cmオーバーが釣れたな? しかし、釣れたのはいつもの我が宿敵セイゴでした。まあ、いつものお約束ですね(笑)。その後も飽きない程度に釣れました。他のポイントにランガンしようかなっと思ったけど、雨が降ってきたので納竿です。

■釣り場国東半島
■釣果・・・メバル、セイゴ
■感想・・・メバルの最盛期です。数釣りを楽しむなら今です。多分ゴールデンウィークまでは釣れると思います。「メバリングいつ行くの?」「今でしょ(古)」って事で、皆さんもメバリングに行ってみては如何ですか。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード