TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府湾春チヌ本格化?

2019年 3月 31日 15時頃

3月31日、長潮。みなさんこんにちは。春チヌの声を聞くようになり、私は例年よりも早く別府一文字に渡り、今年の状況を伺ってきました。今回一緒に同行してくださったのは、誰もがご存知の猪熊博之さんと、猪熊さんと親交の深い長尾さんです。

出港は7時とゆっくりめで、港について迎えが来るまで釣り話で盛り上がり、釣る前から気持ちが高ぶってきました。今回私が配合したマキエは、沖アミ生2角にマルキユーの新製品「チヌパワーVSP」、「チヌパワー白チヌ」、「チヌパワーDASH」の集魚剤を選びました。沖にある一文字なので、遠投するイメージがあったこともあり、しっかりと練り込みます。ちなみに新製品の「チヌパワーVSP」以外は、日頃から重宝しているお気に入りの集魚剤となっています。

ツケエはエサ持ちがよく、遠投にも対応したマルキユー「くわせオキアミスペシャル/L」、「特鮮むきえび」に加え、ネリエの定番とも言える「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」を使用しました。一文字に降り立ち、各自準備ができたので、いざ釣り開始です。

本命のポイントであろう場所に10パイ程マキエを打ち、それから足元に2〜3ハイ打つと、スズメダイやネンブツダイが出てきたものの、真剣にエサを食べているようではない感じです。とりあえず仕掛け作りに専念した後で、先程10パイ程打ったポイントへマキエを先打ちし、沖アミを付けて仕掛けを放ってみました。何投かしたものの反応は無く、しばらく何かしらの答えが見つかるまで、ひたすら投入を繰り返していると、何やら右の方から熱い声が聞こえてきます。どうやら同行者の長尾さんの竿が綺麗な弧を描いており、上がって来たのは35cm級のウマヅラハギです。本命ではありませんでしたが、朝一での引きに、とても嬉しそうでした。

それからしばらくは、20cm級アジのオンパレードとなり、3人でチヌ釣りに手こずっていると、朝まずめが終了してアジも少しずつ数が減ってきました。各自休憩を挟みながら、春の暖かさを感じつつ時刻を見ると、お昼近くになっています。本命はそろそろかもと思っていると、1番右で竿を構えていた猪熊さんにバチっとアタリがあり、小走りで向かうと竿が大きく弧を描いて本命らしい引きをしています。魚の引きを十分に楽しんでいる様子を見ながら海面に浮いてきたのは、40cmオーバーのチヌです。

やっぱり猪熊さんは凄いと思いつつ、どのような状況だったのか尋ねると、狙っていたのは沖ではなく、竿2本先以内の敷石付近とのこと。「山田くんも手前にポイントを作りつつ、沖にも作って手前の様子を伺ってみたら?」とアドバイス受けたので、釣り座に戻り実践。すると、私では無く再び長尾さんにアタリ!今度は竿が大きな弧を描いており、今度はそっちへ向かうと50cm級のお腹パンパンのチヌが釣れていました!長尾さんにも状況を尋ねると、やはり猪熊さんと一緒の攻め方をしていたそうで、そうなれば次は私だと思いつつ、高ぶる気持ちを抑えながら狙っていると、道糸がスゥーっと伸びて行くアタリが出ました!アワセると今日一の引きで、これは間違い無くチヌだと慎重にヤリトリしていたのですが、高ぶる気持ちのせいか、いつもよりも早アワセだったこともあり、痛恨のバラシをしてしまいました…。

かなりショックな気持ちを慰めながら3人で夕方まで粘りましたが、それ以降はなかなか本命のアタリを捉えることが出来ず、このまま納竿となりました。ただ、お二人の素早い状況判断や熟練された竿さばきを間近で見て感じることができ、私自身ももっとチヌ釣りを極めて行きたいと思いました。

今回はチヌ釣りには少し早めの釣行となりましたが、別府一文字は例年ゴールデンウィークあたりからチヌ釣りが活発になるところです。今年は長い方で10連休が控えているので、ぜひ長期休暇を利用して別府一文字のチヌ祭りを堪能してみてはいかがでしょうか?釣行の際は船長に予め連絡をお願い致します(勇漁丸=TEL090・6893・6860)。

釣研FG東九州支部/MFG九州/GFG大分/山田尚弥・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード