TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

常夜灯下、明暗部のライズを狙う

2019年 4月 23日 22時頃

皆さんこんにちは。年号が、平成から令和に変わりましたね! 私は平成生まれと言うこともあり、イマイチ実感がわかないと言うのが正直な話ですが、人生でそう何度も無いことなので、年号を越せるってすごいなと感じております。さてさて、4月に入って日中は暖かくなったと思ったのに、月末は急に寒くなったり、雨が続いたりと気候が定まらないのですが、そんな中アジ・メバル狙いのナイトゲームをしに行って来たので、その時の釣行をご紹介したいと思います。

数日間、風が強い日が続き、気温も少し下がっていたので、海の状況は「どうかなぁ?」とは思っていましたが、とりあえずポイントへ向かいました。すると、堤防の常夜灯下でライズ(魚が水面や、水面直下にいる小魚やプランクトンなどを捕食するため水面から姿を現すこと)が、起こっています。常夜灯の効いた明るい方と、暗い方でもライズしています。そして海を見てみると、アジやメバルの魚影が見えます。水面から50cmくらいのレンジにたくさんいるのが見えます。

近くに見えるので、ジグヘッド単体から攻めていきます。ジグヘッドは1・5g、ワームはダイワ月下美人「ソードビーム/2・2インチ」です。風がないため、竿先を立てて表層を意識して誘っていきます。最初は、常夜灯の効いた明るい方のライズしていた個体を狙っていきます。キャストしてリトリーブすると、アタリはあるのですがショートバイトでフッキングまでいたりません。リトリーブで食わせられないこともありませんが、ショートバイトが続くので、少し狙い方が違うなと感じ、キャストして着水後、すぐアクションを入れてフォールすることにしました。アクションは、竿先を2〜3cm幅で動かし、その後はカーブフォールしていきます。

すると、フォール中に「コツッ」とアタってきました。今度は、しっかりと食ったと思ったので、フッキングして巻いてきます。上がって来たのはアジでした。サイズ的には、目測23cmというところでしょうか。このサイズになると、中々引きが楽しめます。ジグヘッドのフックを外そうと口を見てみると、上顎には掛かっていますが、皮1枚という感じだったので、もう少しでバレるところでした。この状況から考えるに、やはり今日のアジは渋いし「口の中までしっかり飲み込めていない」と言えます。そして「誘い」が微妙に違うのではないかと思いました。もちろん釣れたので全て間違っているのではないのですが、ここは自分の勘を信じて「誘い」をまた変えてみます。キャストしてアクションし、フォールをカーブフォールからフリーフォールにしました。すると、アタリはあるものの、ショートバイトで何か違います。そこで、また少し変えてみます。フォールを張らず緩めずに変更です。これで「コツッ」と良いアタリが出ました。上げて口を見てみると、しっかり飲み込んでおり、上顎にしっかり掛かっています。再度キャストして、再現性があるかを確かめてみると、次に来たアジも、その次に来たアジもしっかり飲み込んで、理想的な場所に掛かっています。こうして狙い方が分かったので、ここからは同じパターンで数釣りを楽しみます。

10匹程同じようなサイズを釣ったところで、スレてあんまり食わなくなってきました。そこで、今度は暗い方のライズを狙っていきます。レンジや、誘い方などを変えればまた食ってくるとも思いましたが、せっかくなので暗い方でも釣ってみましょう。すると、すぐにバイトしてきました。釣れたのはメバルです。20cmもない個体ですが、連続的にアタリが出るので、とても楽しめます。

しかし、レンジが水面直下なのでジグヘッド単体からティクトの「フロッパー38」というプラグにルアーチェンジしました。キャストして、5カウントし、そこからスローリトリーブで狙っていきます。すると、「ガツッ」とバイトが出ました。良いアタリです。フッキングをしてみると、先ほどの魚よりも引きが強く、上げてみると20cmは超えていたでしょうか。良型メバルが釣れました。サイズアップ成功です。そして、再び数釣りを楽しみます。小さいのから20cm越すのまで、12匹程釣れて楽しめたので、ここで納竿して帰ることにしました。アジは、フォールの仕方で釣果に差が出ました。メバルは、プラグに替え誘い方1つで口を使わせていくのが面白かったです。

最後に、ジグヘッド単体の時などは、風がなければ竿先を立てた方がアタリが取りやすいのでオススメです。プラグの際は、竿先を海面に近づけてリトリーブした方が、アタリが取りやすいと思います。明暗部の明るい方にはアジが、暗い方にはメバルが居るという感じで分かれていたので、しっかりと釣り分けができました。そんなこんなで、今回の釣行は終了です。次回もお楽しみに。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード