TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

春のクロ釣り堪能

2019年 3月 17日 0時頃

3月31日、長潮。気温もだいぶ暖かくなり、春の陽気になってきたこの日、深島の磯にクロ釣りに出かけてきました。同行者はプライベートでもお世話になっている上野さんと荒巻さんの3人で釣行です。

「ふかしま丸」さんの5時便に乗り込み、上げてもらったのは「横バエ」です。ここは、シーズンになると口太の数釣りやイサキ、潮次第では良型オナガも回遊してくる好ポイント。マキエは、沖アミ生4角にいつも愛用しているマルキユー「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」、「遠投ふかせスペシャル」の配合とし、パン粉を1㎏追加し、遠投が効くように丁寧に混ぜ込み仕上げました。

仕掛けは竿が「がま磯インテッサG5/1/50」に、道糸がサンラインの「ビジブルマーキー/1・5号」、ハリスも同社の「トルネード コング/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/5号」をセット。かなりの強風であったため、仕掛けが風にとられないように、10mのロングハリスにして、ウキは釣研「スーパーエキスパートUE/0c」を選択しました。

まずは2ヒロのタナから竿1本程度のタナを意識して釣りを開始です。開始後しばらくはツケエが盗られなかったため、浅ダナに見切りをつけ、からまん棒の下にガン玉G5を追加し、少し下の竿1本半程度のタナまで探れるように調整をすると、いきなり糸が弾き飛ぶアタリです! 爽快な引きを堪能しながら上がって来たのは、まん丸と太った35cmクラスのクロ!

幸先の良い1枚に喜びながらを次を狙っていると、すぐ隣で釣っていた上野さんや荒巻さんにもアタリが出ています! 流石は深島、コンスタントに35cmクラスのクロがアタって来ます。しかし、3人で数枚追加したところで潮変わりを迎え、徐々にアタリが遠退いてしまいました。浅ダナに深ダナ、遠近と辛抱強く仕掛けを打ち返していくと、たまにツケエが盗られたり潰れた状態で上がって来ることが多くなってきました。そこで1投のマキエの量を減らし、ツケエとマキエの同調や動きが同じになるように丁寧に仕掛けを投入すると、道糸に僅かな違和感を捉えます!小さなアタリながらもずっしりとした重量感で上がって来たのは、40cm近い良型グロです!

どうやらクロがツケエを口にしているようですが、1枚釣り上げたりバラしたりすると、中々次のアタリを捉えることができなくなります。そこでハリスをサンラインの「トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム/1・25号」に変更し、少しでもツケエの食い込みを良くしてやると、途端に竿引きのアタリが頻発します! やはり、食い渋り時のハリスの太さは食い込みの具合に直結してきますね。

この仕掛けでポツリポツリとクロを拾っていると、日が傾き始めた午後3時過ぎ、足元に良型のイズスミやオナガが乱舞し始めました! すぐさまウキを「エイジアマスターピース/01」、ハリスを1・75号に変更し、際狙いに徹します。しかし、マキエは口にするものの、仕掛けには一切アタリが出ず、ツケエも盗られません…。

ここで、納竿時間も近くなってきたため、試しにハリスを先ほどの1・25号に変更したその2投目、足元のサラシ際にあったウキが水柱を立てながら一瞬で見えなくなるほどのアタリに襲われます! すかさずアワセを入れ応戦しますが、最初の走りで10 m近く糸を引きずり出され、これ以上は糸は出せないと思い、ハリスと竿を信じてタメていると、少しずつ間合いが近づいて来ました。ウキが見えてからも何度も突っ込まれ、やっと姿を現したのは、45cmクラスのイズスミです! 良型オナガを期待していただけに残念ではありましたが、「ブラックストーム/1・25 号」の強さを実感できた1枚となりました。

その後、クロを1枚追加したところで、この日の釣行は終了となりました。5月に突入し、大分県内のクロ釣りはたいぶ落ち着いて来ましたが、潮次第ではまだまだ数釣りが出来ることもあるようです。また、大分市内や鶴見湾内のチヌ釣りも最盛期を迎え、50cmオーバーの良型の釣果や10枚以上の数釣りも耳にするようになってきました。春の陽気となり過ごしやすくなったこの時期に、皆さんも釣りに出かけてみてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記
その後、クロを1枚追加したところで、この日の釣行は終了となりました。5月に突入し、大分県内のクロ釣りはたいぶ落ち着いて来ましたが、潮次第ではまだまだ数釣りが出来ることもあるようです。また、大分市内や鶴見湾内のチヌ釣りも最盛期を迎え、50cmオーバーの良型の釣果や10枚以上の数釣りも耳にするようになってきました。春の陽気となり過ごしやすくなったこの時期に、皆さんも釣りに出かけてみてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード