TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大入島の乗っ込みチヌ&清掃活動

2019年 4月 28日 16時頃

4月28日、小潮。この日は、真ぐれ会大分支部の予選の日。予定では鶴見一帯でクロ釣りの大会を行うはずでしたが、先日よりニュースになっている「大入島のゴミ問題」の一助になるべく、急遽佐伯市大入島でのチヌ釣り大会へ変更。クラブ員の皆さんにも快諾していただき、当日は5名で大入島へ渡りました!

早朝より大会の時間を1時間ほど繰り下げて、釣り場周辺のゴミ拾い。ニュースの後、皆さんのご協力の賜物で、意外とゴミは少なかった印象です。ある程度清掃を終えてから、いよいよ予選大会スタート!対象魚をクロからチヌに変更し、2枚の合計長寸(ポイント制)で本戦への切符を争うことになります。もしかすると乗っ込みも終わりを迎えているのでは? との予測の元、下記のような仕掛けから釣り開始。釣り座は食彩館前の湾。ここは竿2本先まで藻がびっしり生えていて、その先がかけ下がっています。左沖にはイケスもあり如何にもチヌが釣れそうな雰囲気です。まずは、キザクラ「黒魂FUWARI/00」で、上からゆっくり探るイメージでツケエを落とします。同じ釣り場には宮本くんが入っています。下げ潮からのスタートとなりましたが、潮は動かず…。じっくり攻めることを余儀なくされます。

若干底潮が左へ動き始めた午前11時、ようやく私の竿にアタリ! ツケエを這わせ気味にして流していたのが功を奏した感じです。手前の藻場を交わしてタモ入れしたのは50・5cmとまずまずのチヌ。まだ尻が赤く乗っ込み前だということが分かります。この機を逃さない宮本くん。キレイな竿曲げで良型チヌをゲット! さすがです。

気合を入れて再度、次のヒットを待ちますが、アタリが途絶えてしまいました。その間に宮本くんは連続ヒット! パターンを掴んだら次々とアタリを拾う宮本くんに、少々焦り始めます。そこで、ツケエをゆっくり落とす釣りから一定のタナにエサを置く縦の釣りに変更するべく、ウキをキザクラ「黒魂KING/0シブ」に変更。これでようやく低活性のチヌにツケエをアピールすることができ、45cmを追加できました。実は私、「中・小型のチヌはいらない!」と、強気のチヌバリ3号を使用し、ツケエも沖アミの生とムキ身といった状態でした。これによりエサ盗りや小型チヌを交わす作戦だったのですが、少々時期が早かったかも知れません…。

その間に宮本くんは5枚のチヌを釣り上げています! 大会規定では2枚の長寸なので、ウカウカしていられません。しかし、その後は二人ともアタリを拾うことができず、悔しさの中で納竿となりました。他の3名とも合流しましたが、残念ながら3名は釣果なし。非常に場所ムラが出た一日だったようです。緊張の検量では、辛くも私が最初に釣り上げた50・5cmのチヌが決めてとなり、本戦一歩近づくことができました! ありがとうございます!前述した通り、まだまだ乗っ込みはこれからといった状態でしたので、もうしばらく大入島のチヌは狙えるかも知れません。

今回は「黒魂FUWARI」と「黒魂KING」を使い分けることでチヌを釣ることができましたが、それぞれに使い所が異なるウキだと感じています。「黒魂FUWARI」は水平ウキのため、仕掛けが斜めに入るイメージとなります。そのため、ツケエの沈下がフワリフワリとゆっくりです。乗っ込み後の荒食い期にオススメです。また、「黒魂KING」はどっしりとした形状で半遊動、全遊動ともに楽しめるウキです。そのため、縦を意識した釣りが可能となります。今回2枚目を仕留めた時は、ハリから上50cmほぼにジンタン3号を付け、ツケエをポイントに置くイメージで食わせることができました。ぜひこれからのチヌ釣りに試してみてください。

最後に、これから釣り大会と合わせて清掃活動をする予定です。今まで以上に意識してゴミ拾いを行う予定です。皆さんのご協力に感謝します!


真ぐれ会大分支部/ キザクラスタッフ/STT 銘技会/ 吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード