TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

令和初アジング

2019年 5月 4日 14時頃

5月4日、大潮。今年のゴールデンウィークは、長い人で10連休ですね。羨ましい〜(笑)。私は、そこまでの連休ではありませんでしたが、釣りに行けるだけの休みはありました。そして、今年は5月から新元号に変わりましたね。平成最後の釣りは、ホームの国東半島でメバリングで締めました。令和初の釣りは、どこで何を釣ろう?やっぱりアジンガーZって名前なんで、ここはアジングだろうって事で、令和初アジングに行ってきました。それでは、張り切ってレッツゴーです!

●大分市内の湾内ポイント・・・車を横付けして釣れるポイントなので、エサ釣り師やファミリーも多い釣り場です。しかも、数釣りが出来るから人気の釣り場です。ポイントに着くと人、人、人でした。ゴールデンウィークなので人が多いのは予想してましたが、多すぎ〜。ちょっと、端っこが空いているのでキャストしてみることにします。ジグヘッドは、いつも使用しているオープンゲイブの太軸です。ワームはアジングの定番ダイワ「アジングビーム/2インチ」です。私にとっては、最強の組み合わせ。

それでは、早速準備してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→トゥイッチ→フォールでプルッ。しかし、上手くアワセれず釣れませんでした。その後もバイトはあるものの、ヒットには至りません。アジのサイズが小さくて食わせられないのかな?ただ単に私の腕が悪いってのもありますがね(泣)。

そこで、ワームをダイワ「クロスビーム/1・5インチ」にサイズダウンさせます。そして、ジグヘッドを「メバル弾丸」に変更です。「メバル弾丸」は、細軸なので刺さりが抜群です。細軸は刺しにくい「クロスビーム」も奇麗にワームをセット出来ます。弱点は、セイゴやチヌ等の大物が掛かったらジグヘッドが折れたり、曲がったりすることです。でも、私的にはショートバイトで食いが悪い時などによく使います。良い仕事をしてくれるんですよね。

って事で、ジグヘッドとワームを交換してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→トゥイッチ→フォールでプルッでヒットです。細軸&クロスビーム作戦が上手くいったみたいです。釣れたのは、ゼンゴでした。令和初ゼンゴをゲットです。小さいけど狙って釣れたので嬉しかったです。その後もポツポツと釣れましたが、サイズが伸びないのでランガンします。

●佐賀関の湾内ポイント・・・サイズは出ないけど、ここで釣れれば佐賀関全体にアジが居る。私が勝手にそう思っているポイントです。決して人気ポイントでは無い三流ポイントですが、この日は結構な数の釣り人が居ます。まあ、キャスト出来ない訳では無いので、キャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→トゥィッチ→フォールでプルッでヒットです。1投目からヒットです。まあ、サイズは定番のゼンゴサイズですがね。3匹ほど釣って、一流ポイントへランガンです。ポイントに入れるかな?

●超有名ポイント・・・サイズも数も狙え足場も良く、駐車場もばっちりで最高なポイントです。満員御礼なのでランガン。ゴールデンウィークに超有名ポイントに入ろうなんて無謀ですね。

●有名ポイント・・・やっぱりムリー! 人だらけで入れません。ランガン。

●B級ポイント・・・釣れるか釣れないか、賭けポイントです。群れが入っていたらデカイのが数釣れます。えっ、こんなところでってポイントなので、知る人ぞ知るって感じのポイントです。丁度エサ釣り師の方が帰るみたいだったので、入れ替わりで入れました。帰り際に釣果を聞くと、まあまあ釣れたとの事でした。期待大です。

早速、準備してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→トゥイッチ→フォールで無反応。無反応ですが、海面はピチャピチャと少しライズしています。ライズがあった所にキャストしてみます。すると、フォール中にヒットです。先程までのゼンゴの引きと違い力強く引きます。釣れたのは、25cm前後の良型アジです。ライズ打ちで数釣りだー! って、そう簡単にはいきませんでした。たまに忘れた頃に釣れるといった感じに釣れます。

そろそろ釣れないから帰ろうかなって思った瞬間に、ピチャっとライズするから帰るに帰れない。でも、釣れない。そんなこんなを何度か繰り返し、他の釣り人が来たので納竿です。

●釣り場・・・大分市内〜佐賀関

●釣果・・・アジ(ゼンゴ〜アジ)

●感想・・・ゴールデンウィークは、やっぱり人が多いですね。アジは、どこでも釣れました。サビキ、エサ釣り、アジングどの釣りでも釣れてました。これから楽しいシーズンですね。皆さんもアジ釣りに行かれてみては如何でしょうか。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード