TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

タイラバ大会に参戦!初マダイだ!

2019年 6月 1日 15時頃

6月1日、第11回タイラバ船団タイラバ大会に参加して来ました。今回は釣りガールの愛チャン、友達のさえチャンを誘って安岐港の「こざくら丸」さんに乗船。

午前5時半に出港。各船それぞれポイントに向かって走ります。その間に、タイラバ初挑戦のさえチャンにリールの使い方や釣り方をレクチャーしてるうちにポイントに到着。竹下船長の合図で釣り開始。今回はシマノ、ハヤブサのタイラバを使ってみます。

前日の実釣では、「良型交じりで良い感じに釣れてた」との事なので期待が持てますが、やはり自然が相手です。そう簡単には釣れてくれません。他のお客さんにもアタリが出ないまま流してると、何とさえチャンの竿にアタリが!ドラグが良い感じで鳴ってますので良型の予感。しかし、20m位巻き上げた所で竿がフワッと…、バレてしまいました(泣)。ファーストヒットだっただけに釣り上げたかったですが残念!それから少し移動して釣り再開。ここでもアタリは中々来ずに沈黙の時間が…。他船も厳しいみたいですが、ポツポツとアタリが出てるみたいです。そしてようやく後ろのお客さんにマダイがヒット!

魚は居るんですよねぇ。頑張って巻いては落としを繰り返します。船中でもホゴやマトウダイが釣れたりして少しずつ魚の活性が良くなって来てるのかなと思ってたら、愛チャンにアタリが!上がって来たのはワニゴチ。本命のマダイではなかったですがまずは釣れた事で一安心。さえチャンにもアタリがありましたがハリ掛かりせず…。潮が変わり流れが速くなり始めた時に愛チャンにヒット!幾度の締め込みを耐えて上がって来たのは本命のマダイ!50cmには僅かに足りずですが良いサイズです。ハリを外し、エア抜きして活け間に入れ終わると今度はさえチャンにヒット!朝一の様な強烈な締め込みではないですが、今度はバレませんようにと願いながら見守って、水面に上がって来たのは可愛いサイズですが本命のマダイ!何とか2人共にマダイを釣り上げる事が出来ました!

最後の流しでは、後ろのお客さんに70cm近い良型のマダイやキジハタがヒット!愛チャンにもホゴがヒット!終了時間になったので納竿、帰港します。

ひたすら巻いては落としを繰り返してたので2人共に「腕がぁぁぁ」って言ってましたが、頑張ったおかげでマダイの顔が見れました。最後に、タイラバ船団の船長さん、協賛メーカーさん、まつき釣り具のスタッフさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

ガルツフィールドモニター/山本修一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード