TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

一足先に磯グロin米水津

2019年 5月 2日 18時頃

5月2日、中潮。令和(元年)の初釣りは、いつもお世話になっている「政進丸」に乗って、クロ釣りにチャレンジしてきました。梅雨グロとしては少し時期が早いのですが、令和一発目ともあり、米水津の状況を期待して早朝5時の出船で「地の観音」に向かいました。当日はゴールデンウィークで、良い場所は全て満員御礼状態でした。ここ「地の観音」は上げ潮が本命ですが、朝から12時頃まで下げ潮となり、沖黒島に向かって行く潮がガンガン流れていました。

マキエのブレンドは沖アミ生4角に、集魚剤はマルキユーの「グレパワーV9スペシャル」と「グレパワーV10スペシャル」、「グレパワーV11」、「グレパワーVSP」とし、これを均等に混ぜて浅ダナから中層までを探れるイメージとしました。ツケエは同じくマルキユーの加工オキアミ「グレ丸」と「くわせオキアミV9/L」の2種類を準備。仕掛けですが、竿はがまかつ「インテッサGⅤ/1・0号/5m」、道糸・ハリスは共に1・5号(ハリスは釣研「ウルトラフレキシブル磯プレミアムクリア」)を使用し、ウキは釣研「エイジアマスターピース/01」を選定しました。ハリはがまかつ「掛かりすぎ口太/5号」です。

さっそく足元にマキエを打ちますが、クロらしき魚は全く出てきません。見えた魚は、イワシとカンダイのみ。やはり梅雨グロにはまだ早いのか…。とりあえず潮下に魚が溜まっているのを期待し、仕掛けを投入します。1投目は思った以上に潮が速くて仕掛けが馴染まないため、すぐに回収してハリスの真ん中にガン玉G5を追加します。再び仕掛けを投入すると、今度は上手く馴染んだので、これでアタリを待ちます。しかし、全くアタリがありません。仕掛けを回収してもツケエはマル残り状態なので、次の作戦に変更します。

先打ちマキエを20パイほど大量に打ち、魚の活性が上がるのを期待。1分が経過した頃にもう一度20パイ程打ちます。それから仕掛けを投入して様子を伺うと、効果があったのか、パラパラ出ていた道糸が一気に弾けました!すぐにアワセを入れると、ツンツンと竿先を叩くような引き。「これはもしやチヌ?」と思いながら寄せてくると、予想が的中し、45cm程のチヌが顔を出しました。確かに時期的には確率が高いのですが…。マキエが効き過ぎたのか、まさかのチヌにビックリしました。

ただ、これで魚がマキエに寄ってきたと確信。何度も仕掛けを打ち返してみますが、そう上手くはいきません。釣れるのはホゴやカンダイばかり…。たまにツケエがフグ系にかじられる程度です。ここは気持ちを切り替えるためにも少し休憩し、昼飯を食べながら本命の「上げ潮」を待つことにします。11時30分が過ぎた頃、沖黒島方向に流れていた潮が緩くなり、徐々に鶴見半島方向に角度が変わっています。そこで再チャレンジです。

まずは、先ほど付けていたガン玉G5を外し、ノーガンでアプローチしてみます。1投目はツケエがマル残り状態でしたが、潮の様子から「経験」と「感覚」を信じて、このまま継続してアプローチを続けます。すると20m沖に投入した仕掛けが馴染み始めた頃、道糸がフワッと引っ張られます。「ついに来たか?」と思いましたが、上がって来たのはカワハギでした。しかし、私の中では、カワハギが釣れると魚の活性が上がっていると判断しているので、「今がチャンスか?」と、同じポイントに仕掛けを投入します。

仕掛けが竿1本程入った頃、またも道糸が一気に走ります。すぐにアワセを入れると、本命のクロらしき引きです。魚を怒らせないよう丁寧にヤリトリし、浮いて来たのはついに本命のクロ!慎重にタモ入れを成功し、無事35cm程のクロを手にすることができました。厳しい時期・状況だっただけに、非常に嬉しい1枚です。一瞬の潮の変化を見逃さずにアプローチした結果だと思います。

その後も続くかと思いましたが、予想に反して反応が止まり、上げ潮がガンガン流れるようになりました。同じ攻め方では全く反応が無いので、再度ガン玉G5を打って、竿1本半〜2本のタナを攻めるイメージでチャレンジします。すると予想が的中し、納竿30分前に30cm弱のクロを追加できました。ここで、この日の釣行は終了です。

今回は時期が時期だけに、一瞬のチャンスでどのアプローチを試すかが、大きな分かれ道になった気がします。どのパターンが良かったのかは結果論になってしまいますが、日頃からクロの習性を観察し、自らの経験を積み上げて引出しを増やすことが大切だと思います。5月中旬から7月中旬にかけてはクロの活性が上がり、本格的に梅雨グロシーズンになるでしょう。皆さんも時間の許す限りチャレンジしてみて下さい。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード