TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : (この会員は退会済です)

Residence :

Club :

Pride :

姫島 チヌの数釣り順調

2019年 6月 1日 0時頃

6月1日、中潮。最近の国東でのチヌ釣りは、どこの釣り場もフグを始め、多くの工サ盗りで思うように釣りをさせてもらえず、苦戦を強いられています。そんな中、確実に釣果を上げていたのは、今はもう終盤を迎えていますがサヨリ釣りです。どこの釣り場も多くの釣り人で賑わっています。チヌが釣れなければと、私もサヨリ釣りに5月12日、挑戦しました。1投毎にアタリがありますが、アワセのタイミングが合わなかったり、ハリ外れをしたりですが、面白いように釣れ、知り合いに20匹あげました。型も30cmクラスが多く、最大で36cmと大漁でした。サヨリ釣りは今回で十分満足し終了です。

そして苦戦続きのチヌ釣りですが、この時期になると、やはり姫島しかありません。絶好の釣り日和となるこの日、朝1便の6時20分で出港です。今回の釣り場は、ここ数年相性の良い西浦港です。早速マキエ、仕掛けの準備です。マキエは沖アミ生2角に、マルキユーの「チヌパワームギスペシャル」、「ナンバー湾チヌIl」、そして新発売された「チヌパワーVSP」を各1袋です。そしてツケ工は同じくマルキユーの「くわせオキアミスーパーハード/L」、「くわせオキアミ食い込みイエロー」に、「荒食いブラウン」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」をーテーションし、チヌの食い気を誘います。仕掛けの方は、竿はがま磯「チヌ競技スペシャルⅢ/0・6号/5・3m」、リールは「シマノBBXハイパーフォースC3000DXGSライト」、道糸は1・75号、ハリスは1・5号、ウキは釣研の「大征黒/5B」、水中ウキに「メタル弾丸マイナス5B」、ハリはオーナーばりの「インホワイトチヌ/2号」です。

この釣り場はテトラからの竿出しです。テトラの際にはフグ、そして数多くの小魚が確認できます。ポイントはできるだけ遠投して狙うことをオススメします。最初は半遊動の底狙いからスタートし、マキエが効いてくるとチヌも浮いてくる傾向があるので、タナを浅くしたり、全遊動に替えたりと状況に合わせて狙います。

朝7時過ぎ、釣りスタートです。1投目にしてウキが入りますが、ハリ掛かりしたのはベラです。そして2投目もウキがアタリを捉えると、チヌの引きが伝わり、35cmクラスがヒットです。しかし続けてとはいかず、手の平サイズのクロが湧いてきて、ツケエを盗られたりハリ掛かりしたりで、しばらくアタリが途絶えます。そしてようやくクロの姿が消えてから、再びチヌのアタリが出始め、40cmクラスがヒットします。

その後もツケエのローテーションをし、連続ヒットするなどし、数を増やしていきます。途中、仕掛けを釣研「エイジアLC/00号」に替え、全遊動で狙ってみます。この仕掛けでは、浅ダナでヒットしたり中層〜底で、30〜40cmクラスまでがヒットします。このような状況で午前中は10枚以上の好釣果で終了です。

午後からも半遊動、全遊動と仕掛けを替えたりで、午前中同様、30〜40cmクラスが竿を曲げてくれます。この日の最大は43cmでしたが、思う存分チヌの引き、そして数釣りを楽しむ事が出来ました。そして、半遊動ではウキが加速をつけ海中へ消えていくアタリ、全遊動では道糸がゆっくり張っていったり、ピンと張ったりと、色んなアタリも楽しむ事ができ、15時30分に納竿としました。姫島でも国東同様、数多くの工サ盗りはいましたが、それ以上にチヌの活性が高く、そして魚影の濃さが好釣果に繋がったようです。みなさんもチヌ釣りを楽しむのなら姫島がオススメですよ。

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード