TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵港のチヌとアジ釣り

2019年 6月 6日 12時頃

6月6日、中潮。梅雨入り前というのに、30℃近い真夏日が続き、どうなっているのかと言いたい近頃ではあるが、ここ数年、アジをメインにチヌ・クロ釣りの波止通いが続いている。最近は「食べて美味しい!」魚を釣る傾向にある。そこで今回も「黄金アジ」と呼ばれる臼杵港の黄アジを狙って、午前7時に現地へ。到着してみると、釣り人の姿は無く、準備してきた沖アミ生1角と、マルキユーの集魚剤「チヌパワーVSP」と「グレパワーV9徳用」を混ぜたマキエを仕上げる。それをポイントへ10パイ程打ってから、仕掛け作りに入る。

朝まずめはアジ狙いなので、釣研の「波止スティック」(棒ウキ)で釣ることにし、ハリスは信頼性の高い「ジョイナープレミアム/1号」に、遠投してもエサズレしないオーナーばり「沖アミチヌWケン付/1号」を結ぶ。ツケエはマルキユー「くわせオキアミSP/M」と沖アミ生にムキ身を準備した。満潮前なので、タナを7mちょっとと深めに設定して釣り開始。

ウキが馴染み右流れをしていたら、何と少し流れたところで「スー」とウキが消えた! ひと呼吸おいて「来た!」と大きくアワセると、グーグーとアジ特有の引きで、22cm級の黄金アジが姿を現し、幸先の良いスタートを切った。さらに同じポイントを攻めると、棒ウキを押さえ込む小さなアタリが出たので、そこから30cm程浅くしたところ、またも「スー」とウキが消し込むアタリに変わり、20〜23cm級のアジが8匹釣れた。それからはアタリがパタリと止まる。

引き潮に変わり、メイタがアタるようになると、潮が手前に来る当て潮へ。その時にアタリが出て大アワセすると、グーンと竿を曲げる強烈な引き! タモに収まったのは、42cmのチヌであった。もうアジはダメだと判断して、仕掛けを底狙いの沈め釣りへ変更した。15〜20m先を狙うようにし、マキエも広範囲に打っていると、時合いなのか、仕掛けが馴染んですぐに竿先をグーンと引っ張るアタリが連続し、23〜28cm級のメイタが4連チャンした。その後、今度は今までとは違うアタリが出て、30cm級のマダイがタモに収まった。

さらに水面をバシャバシャと何かがマキエに群がっており、マキエの中に突入したところで、ビューと竿先を引ったくるアタリが連発! 正体は25cm級のイワシで、これが3匹釣れた。ジャンボアミのマキエに寄って来たのかと思っていたら、次は底の方でアタリが出て、アワセを入れると重量感のある引き! 引き上げたのは、40 cmの腹太チヌであった。その後もアタリは続き、リリースサイズのメイタがヒット。この日は背中からの涼しい風にも助けられて、16時まで頑張って釣りを楽しみ、最後に波止の清掃をしっかりとして家に帰った。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード