TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

西電裏新波止でマダイHIT!

2019年 6月 15日 14時頃

6月15日、中潮。「大きなマダイが釣れました!」と情報を頂いたのは、大分市の矢田さん。今週号の11頁にも掲載しているが、この週から大分市の各地でマダイのアタリが頻発し始めたこともあり、ようやく市内でもマダイが上がり始めたといった状況。詳しい状況を矢田さんに伺ってみると、以下のようなコメントを頂いた。


矢田さん=本当はマダイを狙っていたわけではありません。前の週に同じ釣り場からカゴ釣りを楽しむと、中型のアジが釣れたので、この日もアジを狙っての釣行でした。

仕掛けはカゴ釣り仕掛け。ハリス4号3mに、グレバリ9号を付けた仕掛けで狙っていました。ちょっと太めの仕掛けだと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これでもアジが釣れますし、まさかのマダイが来ることもありますので、ちょっと太めの仕掛けにしていました。これが功を奏した格好になりました。

夜釣りでアジが釣れるため、この日も午後9時過ぎから竿出ししました。しばらく狙っていると、アジがぼつぼつと釣れたのですが、前のように数釣りといった状況にはほど遠い感じでした。狙っているポイントは、西電気新波止から対岸の5号白灯台へ向かっての遠投です。ちょうどタンカーなども行き来することから、海底が深くなっている周辺がポイントだと思っています。しかし、この日はアタリが少なかったです。

ちょうど、マキエとして使用していたボイルを半角ほど撒いた頃でしょうか。静かな海に漂っていたウキが一気に消し込みました!「来た!」としばらく間合いをおいてからアワセを入れました! ハリに大物が掛かった感触がありました。しかし、抵抗があまりなかったので、もしかすると何かゴミでも引っ掛けたのかと半信半疑で寄せます。60mほどまで寄せた時に、一気に海底へ突っ込み始めたので、魚が掛かっていると分かり、改めて気を引き締めてヤリトリをはじめました。

暗闇の中、格闘は続き、ようやくタモ入れしたのは、波止ではビックリの大マダイ! 時計を見ると午前0時を過ぎていました! 嬉しくなって、釣具店で検量してもらうと、体長65cmのビックサイズでした。もしかすると、お腹もペチャンコだったので、ようやく産卵を終えて体力を回復するために入って来たマダイだったのかも知れませんね。

近年は沖で行われるタイラバの影響か、防波堤まで大型マダイが入ってくることが少なくなったように感じる。それだけに、非常に価値のある1枚だったと思われる。また、今後ナイター釣りにマダイが狙えるシーズンに突入するだけに、目が離せない釣り場。ポイントとしては遠投のカゴ釣りで釣れたということ。普段狙えない場所を狙える仕掛けで狙うことが、より求められているような気がしてならないだけに、ちょっと釣り方を変えてみるのも有りかも知れない。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード