TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

五目イサキ開幕!

2019年 7月 7日 11時頃

7月7日、中潮。昨年から比べるとほぼ一ヶ月ほど遅れて本格的に五目釣りがスタートした。6月下旬から県南で釣れていたイサキの群れが徐々に北上。これにともなって、豊後水道で狙う五目釣りでも、良型イサキの数釣りが楽しめる状況となり、本格的なシーズン・インとなった。

この日は、待ちに待った五目釣りを楽しむために、各遊漁船が出船。潮が走れば、40cm級の良型イサキがダブルヒットすることもあり、シーズン初期の五目釣りを堪能した模様。

「ようやく数釣りが楽しめる状況になって来ました! これから夏に向かって本番を迎えるので、しばらくは楽しめるのではないでしょうか?」とは、佐賀関一尺屋上浦港を出港する 「神幸丸」の船長のコメント。釣果画像でも分かるように、地付きのイサキも交じっているが、回遊らしきキレイな黄色がかったイサキを手にしている釣果画像をみると、群れで入ってきたことを実感できる。

依然にも本誌にて紹介しているが、近年イサキ釣りはシビアなタナ取りができるかで、釣果が左右される傾向が強い。そこで、釣行前には必ず電動リールのカウンターが正しく表示されているかチェックすることをオススメしたい。また釣行時には、船長の指示ダナをできるだけ守って仕掛けを流すことをオススメする。深く探ることで、良型イサキが釣れることもあるが、その後、ドンドンタナが下がってしまい、結局は船全体の釣果が伸び悩むことが多々ある。

できるだけ浅く釣ることで、数釣りも含め、良型イサキが釣れることをキモに命じて釣行してほしい。イサキの釣れる時期は、秋まで続くのだが、旬の時期である今が一番美味しい。また、潮次第で良型マダイやイシダイが交じることもあるので、ワンランク太めの仕掛けの準備もお忘れなく…。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード