TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

船釣りで大型青物

2009年 10月 29日 0時頃

玄界灘では主流の「落とし込み」での青物狙い。大分ではあまり馴染みがないが、この釣りを大分でも試してみたいと、ハヤブサの玉井さんは釣行を決めた。

午前6時、玉井さんと、以前から船釣りをしてみたかったという、船釣り初挑戦の山下さんは「ちどり丸」(大分市細港)に乗船。馬場船長は「この時期に落とし込みによる釣りができるか分からないが、泳がせと一緒にやってみましょう」と力強く意気込む。出港してすぐに、港の近くで泳がせ釣りのエサとなるゼンゴを釣る。ゼンゴを確保して、本命ポイントへ移動。佐賀関沖の馬場ノ瀬に着き、玉井さんは落とし込み、山下さんは泳がせ釣りを開始した。

玉井さんが落とし込みに使用した仕掛けはハヤブサ「活き餌一撃喰わせサビキ/玄海・平戸沖スペシャル」。まず、仕掛けを「からバリ」のまま落として行き、水深20m前後のベイトを食い付かせる。ベイトが掛かったら、そのまま底に落として行き、青物を釣る。というのが、泳がせ釣りの基本。「その場にいるベイトをエサにするので、理にかなった釣り方」だと玉井さんは言う。福岡・平戸の方では、ヒラマサ、カンパチ、マダイ、アコウ、アラなど釣れる魚種も豊富とのこと。前情報では、現在大分沖はヤズが多いようなので、ヤズ・ハマチ狙いになりそうだ。一方、山下さんはハヤブサ「活き餌一撃泳がせ/8号」の仕掛けを使って、ゼンゴの泳がせ釣りを試みる。

開始して30分は2人とも反応が無かったが、泳がせ釣りをしていた山下さんに初のアタリ! 竿が「ググーッ」と曲がる。どうやら、青物らしき引きだ。初魚は、前情報通りヤズだ。玉井さんは、一度ベイトが食い付いたものの、それ以後ベイトが食い付かずに苦戦中。そこで、仕掛けを「活き餌一撃喰わせサビキ/12号」にして、一番下のハリにゼンゴを1匹付けて、泳がせ釣りと兼用で試してみる。すると、しばらくして玉井さんの竿が曲がる! 「前アタリでゼンゴがバタバタと動いたのが分かった」と、釣り上げたのは推定3kg超のハマチ。更に次の投入直後、またもや玉井さんが竿を曲げている。しかし、今度の引きはどうやら青物ではなさそう。釣り上げると水面に浮かんだのは平べったい…。「おぉ、ヒラメだ!」と、嬉しい釣果。そこからしばらくアタリが遠退くも、11時には山下さんにこの日最大のハマチが上がる。

残りのゼンゴが少なくなった所で、船長が更に沖の方にポイント移動。そこで瀬に付いたベイトを狙って、再度落とし込みを狙う玉井さん。しかし、群れが小さいのかベイトがハリ掛かりせず、この日は落とし込みによる釣果は上がらなかった。

「今回は、落とし込みによる釣果は上げられませんでしたが、ベイトの群れが食い付けば、大分でも可能な釣りだと思います。保険としてゼンゴを確保しておけば、泳がせ釣りへの転向もできますしね。この時期はアジ・サバ狙いのサビキ釣りが多い大分の船釣りですが、落とし込み&泳がせ釣りでの青物狙いは一発大物の夢がありますよ」と玉井さん。

皆さんも大分の海で、迫力満点の青物狙いへ行ってみませんか? 「落とし込み」&「泳がせ」釣りで、年末のブリを釣りましょう!

取材協力船:ちどり丸 tel090・8417・1861

筆者のタックル

船竿:ダイワ マッドバイパースティングS240

電動リール:ダイワ シーボーグ400マグマイト

道糸:PEライン6〜8号

仕掛け:落とし込み仕掛け ハヤブサ 活き餌一撃喰わせサビキ

オモリ:70号

つり太郎WEB内を検索

バーコード