TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

出ました!県北で良型チヌ!

2019年 8月 18日 14時頃

8月18日、中潮あまりの暑さで、なかなか釣行できませんでしたが、お盆休みも終わり、天気予報もくもりの予報だったので、少しは涼しいのではないかと思い、久しぶりに国東半島にチヌ釣りに行って来ました。最近は、良型が狙える姫島によく通っていましたが、今回は午前中だけの釣行を考えていたので、姫島には渡らず、姫島を眺めての釣行になりました。ここは以前1度来たことがある場所ですが、その時は良い釣果が出ませんでした。夏場は良型が出るという情報があるので、再びこの場所に決めました。

朝6時に港に着き、道具を運んで釣り開始。20m先のポイントにマキエを打って、仕掛けを投入します。1投目から、ツケエの沖アミが盗られ、ハリには傷が付いて返って来ました。国東半島は、エサ盗りのフグが厄介なのです。

2投目からは、マルキユー「食い渋りイエロー」のネリエに替えて試みました。しかし、ネリエも盗られ、全く無い状態で返ってきます。どうやらフグがかなりいるようです。ネリエをマーブルにしたり、マキエの打ち方を変えたりしてましたが、なかなかチヌは釣れません(涙)。アタって来るのが底だったので、ハリスにG5のガン玉を追加して、底を釣るイメージで釣っていきます。

底に仕掛けが付いたぐらいで、一気にラインが走りました。これは、前のアタリよりかなり強い引きで、上がって来たのは45cmの良型チヌ! チヌが寄って来るとフグの姿が無くなり、ツケエが通るようになりました。ここから立て続けにチヌのアタリがあり、40cmオーバーを数枚追加出来ました。

すると、満潮を迎える10分前、ラインにアタリが出ました! 今までの引きより強い引きで、底からなかなか浮いて来ず、ようやく上がって来たのは48・5cmのチヌでした! 今回はかなりの良型が釣れます。チモトが傷ついてないか確認し、再度仕掛けを投入すると、またしても強烈な引きが手元に伝わります! これは48cmでした。釣り開始から4時間で、ストリンガーは満パイ状態(笑)。

しばらくすると下げ潮に変わり、アタリが徐々に少なくなったその時、ラインがゆっくり入っていったので、アワセてみるとかなり重い! 根掛かり? かと思いながら竿で貯めていると、竿先から一気に曲がり、魚が沖に走り出し、ドラグが出て行きま!ドラグを調整しながら魚を寄せ、無事にタモに収まったのは、県北での自己記録となる51・5cmのチヌでした! 久しぶりの年無しにテンションが上がりまくりです(笑)。

下げ潮になったら帰るつもりでしたが、流石にこんなに釣れてては帰れません。しかし、マキエも残りわずか(涙)。同じポイントに再度投入し、3投目で、また強烈な引き! もう腕がパンパンです! 上がって来たのは、これまた50cmジャスト! 本日2枚目の年無し! 今まで県北でチヌ釣りして来て、こんなに良型チヌが釣れたのは初めてです。

今回のチヌの当たりエサは「食い渋りイエロー」でした。チヌのタナは、ほとんどが底で、たまに中層でアタリがありました。帰りに今日楽しませてくれたチヌを、全て優しく海へリリースしました。今年の国東半島は、激アツのようです! 良型を狙って皆さんも行ってみてはどうでしょうか?

チームヤイバ九州大分支部/クラブキザクラ大分/九州真ぐれ会/岡野智治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード