TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋のハイシーズン間近! 大分沖でタイラバ&ライトジギング

2019年 9月 15日 14時頃

9月15日、大潮。この日、大分沖にライトジギングに出港した「えすぽあ」。9月に入りベイトの魚影も濃く、青物の回遊もチラホラと見かける。それだけに好釣果を期待しているのだが、船長の中では今一つしっくり来ていなかった。

目的のポイントに到着後、すぐにジギングスタート。潮の流れに負けないようなジグをチョイスし、ジャーキングをする。青物の回遊が多いのだが、まだ小型の青物の多いため、ボトム周辺を念入りにジャーク。これが当たったのか、良型マダイが立て続けにヒット! 潮変わり前に強烈なアタリを楽しませてくれた。この日は、良型マダイにアハm地を含めての釣果。

実は13日もライトジギングに出港し、サゴシとハマチの数釣りを楽しんでいる「えすぽあ」。しかし、前述した通りどうもしっくりこない状況。その訳は、「魚にジグが合っていない」と感じるからだ。船長曰く「青物を釣り上げると、イワシなどを吐き出します。ということはイワシを追っているということです。イカは食べていないようです。このイワシが小型ばかりなので、このサイズに合わせたジグを使った方がいいのかも知れません」。試しに、船のジギングでは極小のジグ2オンスを流してみたところ、即バイトとなった。やはり今は極小ジグに分がありそうだが、問題は潮の流れに負けて、狙いのレンジを探れないこと…。

「まだ試している段階ですが、やはりベイトに合わせたジグが必要かも知れません。後は、いかに極小ジグでも狙いのレンジに届けるか…。どのような状況になって対応できるように、ジグは小型から中型までを揃えて、お越し頂く方がいいかも知れません」とは、船長のアドバイス。

まだまだこれからが本番となる大分沖のライトジギング。「えすぽあ」では、釣れる頃合いを図って潮をみて出港するので、それに合わせて港に足を運んで欲しい。決して横着をしているわけではないので、あしからず…。また、残暑も厳しいので、水分補給を忘れずにジギングを楽しんで欲しい。体調を崩してしまっては、折角のレジャーが台無しになってしまうから…。

写真提供=えすぽあ TEL 090・4995・3358

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード