TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2019タチウオテンヤ、シーズンイン!

2019年 9月 9日 7時頃

9月9日、若潮。今年もタチウオテンヤシーズンは、まつきイベントからで、今回もダイワさんのテンヤロッドの実釣会。船も同じ「星隆」。だけど今年は、新艇でピッカピカ♪さて、ご無沙汰のチーム沈没丸。キャプテン安藤です。

いよいよ始まりましたよ。タチウオテンヤのシーズンが!今シーズンのために導入したロッドは2本。ダイワの「極鋭タチウオテンヤSPEX/AGS178」とエイテックの「アルファソニックタチウオテンヤ175」です。

ホントは「極鋭」に関しては、購入時期にはレングスの長い192が発売されており、少し悩みましたが、使い慣れた「メタリアタチウオテンヤSP215」があるので、192は、保留としました。勢いで、買っちゃうかも…。ロッドのタイプとしては、ダイワのタチウオテンヤロッドとして最高峰の「極鋭」は、軽量・高感度・操作性に優れ、エイテックのタチウオンヤ175は、他にない手元感度の高さに特化したタイプ。それぞれに、期待の高いロッドです。

実釣会当日、早朝5時に西大分港を出港した「星隆」は、1時間ちょっとで目的地に到着。釣具のまつきの坂井店長とダイワのミスタータチウオ西村さんの挨拶から始まり、1人2本ずつダイワのテンヤを提供されての実釣スタート。この中には、新製品のダブルフックもあり、ダイワのラインナップの充実が感じられます。

事前情報として、今年はフグ多し!テンヤのロストを覚悟されたし!との事でしたが、なんと10人中、3人が1投目からのロストの洗礼に!その中には、不運なオイラもいましたが、幸い仕掛けから10m分のロストで済みました。不幸中の幸いと、急いで仕掛けを作り、再投入。まずは、使い慣れた「メタリアタチウオテンヤSP215」から使います。すると、テンヤを踊らせる前から微かなアタリが…。そのまま、ジッと様子を見てると、クイッ!クイーッ!っと、食い込み、即電撃アワセ。すぐに竿先が絞り込まれ、久々の感触が手元に伝わってきます。フグを警戒して、電動リールを心持ち早めに巻き上げつつも、気持ち良い引きを味わいながら上がって来たタチウオは指4本。まだまだ、時期的にこんなもんでしょう。船内も、至る所で電動の巻き上げ音が響き、かなりな好スタートでした。

その後、3本獲ったところで、ロッドを「極鋭タチウオテンヤSPEX/AGS178」にチェンジします。すでにリールは装着済み。テンヤを付けて投入するも、気持ちがはやります。早くポイントの水深に到着しろ!って、感じですね。この時の指示された水深は110m。初めてのロッドなので、テンヤは使い慣れたフィッシュアローのジギングテンヤにしていました。それまでに釣り上げたタチウオが小さかったので、エサも含めシルエットの小型化が必要との判断もあってです。

そして、やはり1投目からアタリが!今回は釣果度外視なので、ティップの動きを観察しますと、なるほどの結果!ティップが、タチウオがエサを啄ばむ動きを良く伝えてきます。初めて使う使い手に解りやすいティップの動き。これは、かなりフィールドテストしているのだろうな。って、感じの作り込みの良さを感じます。そのまま普通に食い込んでしまったアタリを感じたので、ここで電撃アワセ!アベレージの指4本です。まー、いきなりサイズアップまでは無理です(笑)。ですが、このまま使い続け、10本ちょいを水揚げしてロッドチェンジ。

今度は、手感度のエイテックの「アルファソニックタチウオテンヤ175」です。すでに何回か使っている坂井店長から「慣れが必要ですよ」と、言われていたので、少し不安な1投目。時間は昼前で少し魚信も間隔が開きはじめ、ポイント移動もしていたのですが、なんとすぐにアタリが!ここでもやはり観察です。で…、なるほど手感度ですね。何て言うか、一応バス釣り本職のオイラには、テキサスリグをやってる感じ。食い逃げされてもいいや。って思いながら見ていると、そのままフックオンしたんで、アワセて釣り上げます。2投目、3投目と続き、テンヤを躍らせているとアタリが来ます。食い込みを感じてアワセると釣れます。すぐに掛からなくても、そのままにしているとアタリが来ます。で、釣れます。ちなみに、手元に解りやすいので、スイープフッキングしても、ティップを上げている間にグググッ!って感じたら、電動のスイッチオンで掛かっていますね。ホント、イメージは、テキサスです。バス釣りしている人なら、このイメージで、このロッドは、かなりな戦力になるのではないかと感じます。

この後は、何回かロッドを替えながら、数本釣って納竿タイム。新しいロッドが両方とも好印象なので、マジでギリギリまで釣ってました♪トータルバランスと目感度のダイワ「極鋭タチウオテンヤSPEX/AGS178」と、手元高感度のエイテック「アルファソニックタチウオテンヤ175」に、昨年使い続けたダイワ「メタリアタチウオテンヤSP215」で、今シーズンのタチウオテンヤシーズンが楽しみです。最後に、企画していただいた、釣具のまつきさん。ダイワさん。感謝感謝です。ありがとうございました。

サンライン・フィッシュアローテスター/安藤美治・記
この後は、何回かロッドを替えながら、数本釣って納竿タイム。新しいロッドが両方とも好印象なので、マジでギリギリまで釣ってました♪トータルバランスと目感度のダイワ「極鋭タチウオテンヤSPEX/AGS178」と、手元高感度のエイテック「アルファソニックタチウオテンヤ175」に、昨年使い続けたダイワ「メタリアタチウオテンヤSP215」で、今シーズンのタチウオテンヤシーズンが楽しみです。最後に、企画していただいた、釣具のまつきさん。ダイワさん。感謝感謝です。ありがとうございました。

サンライン・フィッシュアローテスター/安藤美治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード