TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

アジが溜まるハニースポット

2019年 10月 22日 21時頃

皆さん、こんにちは!しょごたんです!最近、気温が下がって来て、風も強く海が荒れる日が多くなってきましたね。荒れた海に釣りに行かれる際は「ライフジャケット」を装着しましょうね!さて、これからの時期は風が強い日が増えてきます。それを踏まえた上で僕がおススメしたいのが「強風を味方に付けたアジング」です!アジングといえば、軽量のジグヘッドを用いる事が多い釣りです。なので、風は釣りの精度を落とすだけのデメリットと思われがちです。確かに、釣りの精度は落ちるかもしれません。しかし、アジングをする上での風はデメリットだけではなく、大きなメリットをもたらしてくれるんです!上手く風を味方に付ける事で、普段よりも釣果が伸びるかもしれませんよ!

そのメカニズムとは…、風が吹くと「アジが溜まるハニースポット」必ず現れるのです。例えば、風が強く当たる漁港の角。普段は見向きもしないような漁港の角でも、風が当たる事でプランクトンが打ち寄せられて溜まります。そして、それを食べるためにベイトやアジそのものが入ってくるのです。なので、「風の強い日=風裏」だけでなく、風表のエサが溜まりやすいスポットを意識して場所選びをしてみて下さい!

では、場所が分かったら、次は「強風下での釣り方」をご紹介しましょう。まず、前提として先に紹介したようなスポットに入ってくるアジは、非常に活性が高いので、難しい事をしなくてもイージーに釣れてくれます!なので、軽量ジグヘッドを無理して使うのではなく1・3〜2・0g程の使い易いウエイトを使う事をおススメします!

そして、ワームに関しては先に述べた通りに「アジはヤル気満々」なので、サイズの大きなワームがおススメです!おススメしたいのは「ペケリング3」ですね!ワームサイズが大きいので勝負が早く、ペケリングは素材が柔らかいので、しっかりアジの口にワームが入りフッキングもバッチリですよ!

また、強風下でアジングをする時に皆さんが持っているであろう悩み…、恐らく「何をやっているか分からない」でしょう。この悩みを解決するコツは、「投げる方向と竿を捌く時の角度」に気を配ってあげる事です!要は、なるべく糸フケが出ない方向に投げ、ジグヘッドを感じる事の出来るロッドの角度を探し出してあげることで、しっかりとアジのアタリを掛けることが出来ます!

さあ、もうすぐデカアジシーズンがやってきますよ!強風を味方に付けてアジングを更に楽しんでみてはいかがでしょう?しょごたんでした!

YouTuberしょごたん・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード