TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

国東半島尾崎港のチヌ釣り

2019年 10月 20日 12時頃

10月20日、小潮。先月の姫島では好釣果に恵まれ、思う存分チヌの引きを楽しむ事ができ、満足のい<釣行となりました。そして今回は秋本番を迎え、国東でも期待しての釣行です。本日紹介する釣り場は、豊後高田市内方面から行って「香々地少年自然の家」手前にある、尾崎の波止です。左右同じように形成されている石積みの波止で、外側にはテトラが入っています。過去には50cmオーバも釣れていて実績もあります。ただ厄介なのが、どこの釣り場でもいるフグです。1年を通して居て、日によっては表層から底まで大量に湧く時があります。その時は全く釣りにならないので、場所移動をオススメします。

午前8時頃、到着です。左右どちらでも条件的には同じですが、左側の波止から竿出しです。まずは、マキエと仕掛け作りです。マキエは沖アミ生1角にマルキユーの「チヌパワームギスペシャル」、「チヌパワーVSP」を各1袋で、遠投が効くようにしっかりと練り込んで仕上げます。ツケ工は同じく、マルキユーの「くわせオキアミスーパーハ-ド/L」、「くわせオキアミ食い込みイエロー」に「高集魚レッド」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」をローテーションで狙います。

仕掛けは、竿はがま磯「アルデナ/0・6号/5・3m」、リールはシマノ「BBーXハイパーフォース/C3000DXGSライト」、道糸は1・75号、ハリスは1・5号、ウキは釣研の「大征黒/3B」、水中ウキに「エッジ水中マイナス3B」、ハリはがまかつの「丸呑チヌ/2号」です。

準備が終わり、波止の中間辺りから始めます。テトラの際には、無数のエサ盗りがおり、フグもチラホラ見えます。遠投で狙うことにし、開始早々、気持ち良くウキが消し込みます。すかさずアワセを入れ、すんなり上がって来たのは、手の平サイズのメイタです。秋になると国東はこのサイズが多くなります。

その後も同サイズがヒットします。ポイントを変えたり、ツケエのローテーションでようやく35cm級が釣れます。そして数投後のアタリでアワセを入れると、竿にずっしりと乗り、40cmには届きませんが、十分引きを楽しみ無事タモに収まります。

さらに手の平サイズから40cm弱までが釣れますが、先端付近に移動してみることにします。早くもウキがアタリを捉え、35cm級が釣れます。そしてポツポツとアタリを捉え引きを楽しませてくれます。13時過ぎには本日一番の引きが伝わり、「アルデナ」が綺麗な孤を描きます。ようやく姿を現したのは、42cmの良型です。その後もアタリはありますが、サイズアップする事もなく、14時納竿です。

本日はフグもそれなりにいて、手の平サイズが多い中、どうにか良型に巡り会う事ができ、そして数釣りを楽しむ事が出来ました。秋本番です。国東のチヌは釣れていますよ。食べても美味しい秋のチヌ釣りを楽しんでみてはどうですか。

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード