TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋真っ只中のクロ釣り

2019年 10月 20日 13時頃

10月20日、小潮。夏の暑さも和らぎ、朝晩に寒さを感じ始めたこの日、深島の磯にオナガを狙って釣行しました。同行者は、よく一緒に釣りを楽しむ古庄くんです。

いつもお世話になっている「ふかしま丸」の4時便に乗り込み、上げてもらったのは名礁「ウスバエ」です!この日はウネリ+強風ということもあり、運良く空いていたので迷わず瀬上がりしました。マキエは沖アミ生4角に、いつも愛用しているマルキユーの「グレジャンボ」、「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」を各1袋配合し、沖アミを潰さない程度に軽く混ぜ合わせます。オナガ狙いでしたが強風の予報だったので、まとまりが良くなるよう集魚剤を多めに配合しました。

仕掛けは、竿にがまかつ「マスターモデルオナガM50」、道糸がサンラインの「グレ道/2号」、ハリスも同社の「ブラックストリート/2号」、ハリはがまかつの「あわせちゃダメジナ/7号」をセットし、大型のオナガに備えます。ウキは7mのロングハリスに釣研の「スーパーエキスパートUE/0号」を通し、ウキ止めを付けた半遊動仕掛けで開始します。

夜が明けると、強風に加えてウネリから辺り一面にサラシが広がっていることが分かります。そのため、低いポイントには降りられず、中段付近から始めます。サラシの合間を見て、仕掛けが落ち着きそうなポイントに仕掛けを投入しますが、予想に反してツケエが残ります。ならばと足元を探ってみますが、ヒブダイやハコフグが見える程度で、かなり活性が低い様子です。

朝まずめにルアーをしていた古庄くんも、アタリが無いため、フカセに切り替えます。しばらく2人で釣っていると、沖の潮目を狙っていた古庄くんのロッドが絞り込まれます!しかし、一気に潜られラインブレイクです。どうやら、大型の魚が出始めた様です!その後もポツリポツリと大型の魚がアタリますが、ウネリの影響で磯際へ出れず、2人でバラシてばかりです。水温は高いものの、魚の活性は低くサラシの中では全くアタリません。また、強風から遠投もさほど出来ず苦戦します…。

ここで、潮も逆潮になってきたので、古庄くんが「四畳半」へ移動します。すると、本流を狙っていた古庄くんが、すぐに竿を曲げます!流石の竿さばきで上がってきたのは、40cmオーバーのイサキです!すぐに私も釣り座に戻って再開すると、当て潮の影響で際に寄ってきたウキが一瞬で消えるアタリが出ました!左右に引きずり回されながらも、何とか時間を掛けて浮いて来たのは、優に60cmは超えると思われるイズスミです…。しかし、タモ入れ前にチモト切れでバラしてしまいました。瀬ズレでボロボロになりながらも、細ハリスでこのサイズのイズスミを浮かせるブラックストリームの強度には驚きです。さらに強度が上がっているという新作が出るらしいので、これを使うのが楽しみです!

その後もポツリポツリと大型のバラシや、35cm前後のオナガを釣っていると、深島側に戻って来た古庄くんが今までとは違うアタリに襲われます。何度か糸を引きずり出されタモに収まったのは、大分では珍しいツムブリです!どうやら水温が上がった様です。そして、フラフラしていた潮が蒲江方向に流れ始めます。すると、35cmクラスのオナガが連発します!これは良型がアタリそうな気配を感じます。

わずかな潮目も見逃さないように良く海況を観察しながら丁寧にマキエと同調させると、3ピロほどで道糸が弾け飛ぶアタリ!今度はバラさないように、アワセた瞬間から一気に糸を巻き取り、間合いを詰めて行きます。引きのスピードと瀬際から離れないことから、オナガを確信し、丁寧かつ強引にヤリトリを行い、タモに収まったのは41cmの良型!喜びながらも、時合いを逃さないように、すぐ再開します。

夕方に近づくにつれ、アタリが増え始め、中には歯が立たない大型も交じる様になってきました。何とかサイズアップを目指して、仕掛けの微調整を加えながら釣っていくと、納竿間際に快心のアタリを捉えます!瀬ズレしない様にずぶ濡れになりながらも、タモに収めたのは本日最大の40cmオーバーのオナガです!このサイズでも最後まで抵抗し、何度も突っ込み続けるオナガとのヤリトリは、最高にスリリングで面白いですね!その後は35cmクラスを追加した所で納竿となりました。

今時期の深島では、まだまだオナガのアタリが多く、潮次第では50cmオーバーも上がっている様です。潮の動きを良く観察し、潮目や流れの中をこまめにガン玉調整をして、丁寧に狙うことが良型を掛けるコツかもしれませんね。また、夕まずめにも良型のアタリが集中する様です。皆さんも涼しくなった秋の海に、スリリングなヤリトリを求めて釣行してはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード