TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ちょっと早めのメバリング⇒途中からアジング

2019年 10月 28日 20時頃

朝晩だいぶん寒くなりましたね。もう、季節は冬ですね。年を取ると1年経つのが早く感じます(笑)。今回は、晩秋から初冬に釣れるターゲットを狙いたいと思います。狙うは、冬告魚のメバルです。それでは、張り切ってレッツフィッシング!

10月28日、大潮。日が落ちて外が暗くなってから出発です。仕掛けは、ごく一般的なメバリングタックルです。大潮の新月周り、無風と条件的に最高。

①常夜灯のある潮の動かない湾内・・・シーズン序盤は、静かな湾内にメバルは居ます。早速、準備してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっと反応が。メバル居るのかな?しかし、何度キャストしても、反応はあるもののヒットしません。小さいのか、ワームを突っついてるのが違う魚なのか?早々に諦めランガン。

②1級メバルポイント・・・常夜灯、テトラ、海藻、潮通しと条件として最高の1級メバルポイントです。先行者が居たので挨拶してみます。私「こんばんは。釣れますか?」先行者「サビキで小アジが釣れてるよ。」えっ?アジなの。まあ、投げるだけ投げてみよう。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっと反応。メバルの反応じゃないので、ワームをメバリング用からアジング用に変更です。私的には、濃い原色のカラーのピンテールワームをメバル、クリア系の柔らかいワームをアジと使い分けています。濃い原色カラーのワームでもアジは釣れますが、メバルには特に反応が良い気がして使っています。アジング用ワームをキャストちょっと早めのメバリング⇒途中からアジングしてフォール中にヒット!釣れたのは、国東半島にして良型のアジです。しかし、テトラの上で取り込みをもたついていると、フックアウトしてテトラの穴に落ちて行ってしまいました(泣)。逃がした魚は大きいと言いますが、結構良いサイズでした。その後、良型アジを狙ってみますが、釣れるのはゼンゴのみで、しかもどんどんテトラに落ちていくのでランガン。テトラ上でのアジングは、苦手です。

③1級ゼンゴポイント・・・足場の良い常夜灯のあるポイントです。先行者が居たみたいで、エサを流した後があります。そして、海面がパチャパチャとライズしています。ライズに向かってキャスト。するとフォール中にプルッ。しかし、ヒットせず。そんな事を何度か繰り返し、やっとヒットさせるとゼンゴ。ゼンゴ、ゼンゴ、ゼンゴとサイズが伸びないのでランガン。

④国東半島で唯一アジと呼べるサイズが釣れるポイント・・・先行者が居て入れないのでランガン。

⑤シーズン終盤に良型メバルが釣れる激流ポイント・・・メバリングでは、かなりの好成績を納めているポイントです。以前、アジングで来たら面白いかもと思っていたポイントです。テトラの上から釣るのでアジングは敬遠していました。と言うか、いつの間にかメバリングのはずが、アジングに変わってました。とりあえず、キャストしてみます。

激流に向かってキャスト→着水→任意カウントダウン→ドリフトでプルッ。激流だから潮の流れに負けないデカアジかと期待したけど、リールの巻きが軽いです。釣れたのは、アベレージサイズのゼンゴです。う〜ん、どこもかしこもゼンゴだらけです。

しかし、諦めずキャストし続けていると、ゼンゴと違う良い感じの引きです。ドラグもジー、ジーと鳴ります。釣り上げると良型アジでした。しかし、又もやアジはテトラの間に落ちて行きました(泣)。自分のフッキングの下手さ加減にうんざりです。まあ、落ち込んでても仕方ないので、ゼンゴを釣りましょう。

激流ドリフト釣法で何匹かゼンゴを釣ると反応が薄くなったので、潮が当たる真正面にキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウンのフォールさせてる途中でプルッと反応が。私は、リトリーブで反応する横の釣りのアジングより、フォールで反応する縦の釣りでのアジングが大好きです。縦で釣れると分かれは、簡単です。キャスト→着水→フォール→トゥイッチ→プルッを即アワセでヒットです。このパターンで面白いように釣れます。

ある程度ゼンゴが釣れたので、テトラの際を丁寧にリトリーブさせると、待望のメバルがヒットです。そして、テトラじゃない堤防の際でもメバル。メバルは小さいのでリリースです。まあ、メバルが居ることを確認できただけで満足です。

そして、堤防の際に我が宿敵の姿が見えたので際にキャストして、激しくトゥイッチングリトリーブをすると緩めのドラグがジーー。釣れたのは、宿敵のセイゴ。メバルとセイゴに会うと、冬を感じられずにはいられません。そして、最後にラスト1投と沖にキャストすると、ラインが上に上がっていきます。リールを巻くと変な生命感が!嫌な感じがめちゃくちゃします。そして、リールを巻き近寄らせると、コウモリでした。嫌ーーー。途中でラインを切り終了。

■釣り場・・・国東半島
■釣果・・・ゼンゴ数匹、メバル2匹(リリース)、セイゴ1匹(リリース)
■感想・・・国東半島は、ゼンゴが釣れています。サビキ、エサ釣り、アジングといろいろな釣り方で釣れています。メバルは、11月中旬位からが本番かなと思います。もう少し寒くなったら、メバルの活性も上がるかもです。さて、来月はメバリングのリベンジか、それとも大アジ釣りに遠征か。どこに何を釣りに行こうかな。

アジンガーZ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード